ハミルトン、リカルドが相棒なら”光栄”も「重要なのはチーム内の調和」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、レッドブルのダニエル・リカルドが将来的にチームメイトになったら”光栄だ”と語った。

 ダニエル・リカルドは、来シーズン末でレッドブルとの契約が切れる。アメリカGPの週末では、チームメイトのマックス・フェルスタッペンが契約延長を発表したが、リカルドは契約を急いではいないようだ。

 むしろリカルドは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)と同じマシンに乗り、全盛期の彼に立ち向かいたいとすら語っていた。

 リカルドのコメントについて、どう感じたか訊かれたハミルトンは「ダニエルは素晴らしいドライバーだ。彼と戦えたら光栄だろう」と答えた。

「彼の人間性は最高なんだ。彼はチームに多くの明るさをもたらしている」

「僕はそれが面白いと思うし、格好いいと思う。他の人が僕と戦いたいと言ってくれるのは、褒め言葉として受け取っておく」

 そうリカルドを褒め称えたハミルトンだが、チームメイトとして彼を迎え入れることに大賛成、というわけではなさそうだ。

「本当のところ、僕と戦いたいと思っている人々がそばにいることを望んではいない。なぜなら、個人的には必ずしもベストなことではないからだ。だけど、場合によっては自分の成長を助けることにもなるので、それは本当に良いことなのかもしれない」

「ダニエルについては、彼は素晴らしいドライバー(フェルスタッペン)をチームメイトにしている。正直に言えば、まず最初に彼よりも優れたパフォーマンスを出さなければいけないと思う」

「誰か他の人を打ち負かしてやろうと考える前にまず、常に打ち負かさなければならない相手がいるはずだ。それが僕の個人的な意見だ」

 メルセデスは来季もハミルトンとバルテリ・ボッタスというラインアップを維持するが、両ドライバーの契約期限は、2018年末までで切れることになっている。

 以前のチームメイトだったニコ・ロズベルグが離脱したことで生まれたメルセデスの活力によって、新しいレベルに成長できたとハミルトンは語っている。彼はもう1台のマシンに乗っているドライバーについては気にしないと主張したが、重要なのはチームのポジティブな気持ちを維持することだと強調した。

「僕はここで、最高のドライバーに挑戦するような気持ちでレースができている。僕の個人的な意見では、最高のドライバーはフェルナンド(アロンソ)だと思うけどね」

「僕たちにはバルテリという素晴らしいドライバーもいる。僕は彼と楽しんでレースができるんだ」

「F1には、僕が戦っていて楽しいドライバーが沢山いる」

「チームの雰囲気を明るく維持できていて、他のチームとバトルができているような状態なら、僕は世界中の誰とレースで戦っていても気にはならないだろう」

「僕は誰もが自分のやっていることを楽しめるような、”調和”が非常に重要だと思っている」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド , ルイス ハミルトン
チーム メルセデス , レッドブル
記事タイプ 速報ニュース