ハミルトン、レースに向けパワーユニットを載せ替え

ルイス・ハミルトンは、予選時にトラブルを起こしたモノに代わり、今季2基目のパワーユニットを載せることを決めた。

 ハミルトンは、エンジントラブルの影響で、予選で1度もタイムを計測することができなかった。後に、その問題はERS関連だったことが明らかになった。

 メルセデスによれば、ハミルトンのMGU-Hに問題があったということで、決勝日には新しいパワーユニットを搭載することになった。ただ、エンジンには問題がなかったということで、チームは将来、再びこのエンジンを使えることを期待している。

 ハミルトンは明日のレース、最後尾のグリッドからスタートする。

「もちろん、がっかりしてるよ」とはハミルトンの弁だ。

「グリッドペナルティがあるから、ただでさえキツい週末になるはずだったわけだからね」

「しかし、すべては僕に試練を与えてくれている。誰も簡単にそれを受け入れられないと思う。僕もそうだし。僕らは今、泥の中にいるかもしれないけど……僕らは僕らの道を探すだけだよ」

「僕らは偉大なクルマを持っているし、チームは素晴らしい仕事をしている。改善できる部分はあるけど、まだシーズンは始まったばかりだからね。僕らはきっとそこにたどり着けると思う。今重要なのは、顔を上げて前を向くことだ」

「僕たちができる最善のことは、この事象から学び、そして前に進むことだ。僕は、チームのみんなが僕と同じように燃えていると確信している。僕らは勝つ時も負ける時も一緒だ。だから、僕らは何が起きたのか把握するために努力するし、再び同じことが起きないようにするんだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース