ハミルトン、来季はアロンソと王者争いをすることを強く望む

ハミルトンは、マクラーレンがPU供給先をルノーへ変更することで、来季はアロンソと王者争いができることを望んでいる。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、マクラーレンがパワーユニット供給元をホンダからルノーへ変更することで、2018年シーズンはフェルナンド・アロンソとチャンピオン争いができることを望んでいる。

 ハミルトンは2007年からメルセデスに移籍する2012年までマクラーレンに所属していた。

 ハミルトンとアロンソがチームメイトとなったのは2007年、ハミルトンのデビューイヤーである。当時のふたりは、チームメイト同士ながらも非常に激しい争いを繰り広げ、結果的にはその年限りでアロンソがチームを離脱するという事態となった。しかし、今となっては彼らの関係は改善している。

 今季メキシコGPのオープニングラップでパンクを喫したハミルトンは、一時最後尾まで後退。その後順位を回復させる過程でアロンソと9番手争いをした。そのレースで4度目のタイトルを決めたハミルトンは、来シーズンはもっとアロンソとバトルできることを望んでいる。

「今シーズンの序盤と中盤、フェルナンドと素晴らしい戦いをした」とハミルトンは語る。

「僕はもっとハイレベルな戦いを彼としたい」

「彼らは非常に厳しい時期を過ごしてきた。僕は13歳でマクラーレンに加入し、そこで育った。だから、予選が終わると僕は常にフェルナンドがどこにいるのか確認していた。今も彼ら(マクラーレンとアロンソ)がどこにいるのかやどのような進歩を遂げているのかを見ている」

「マクラーレンは自然に僕の心の中に存在している。彼らと一緒に多くのことを達成してきたからね」

「来シーズンこそ彼らにとって良い年になることを心底願っている。マクラーレンは上位争いをするのに値するチームだから、彼らと戦いたいんだ」

「新しいパワーユニットが、マクラーレンを僕たちと同じポジションに連れてきてくれることを望んでいる。そして僕たちとチャンピオンを争う、もうひとりの素晴らしいチャンピオンが現れて欲しいと思う」

 アロンソはフェラーリに所属していた2013年スペインGP以来レースで勝利できておらず、マクラーレン・ホンダの3年間では、トップ5に3度しか入賞できなかった。

 マクラーレンは2017年シーズンに先立ち、ザク・ブラウンがチームを率いる体制に変更された。しかしハミルトンは、依然としてマクラーレンはそれまでチームを率いていたロン・デニスの存在を忘れることはできないと語る。

「信じられないほど素晴らしい歴史を持ったチームだ」とハミルトンは語った。

「僕はロンがチームにもたらした功績に対し、大きな印象を持っている。誰が引き継ごうとも、僕にとってマクラーレンはロンのチームだ」

Additional reporting by Dieter Rencken and Kate Walker

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ , ルイス ハミルトン
記事タイプ 速報ニュース