Formula 1 2018

ハミルトン、来季フランスGP開催のポール・リカールをテレビで酷評

メルセデスのルイス・ハミルトンは、来季フランスGPを開催するポール・リカールを「あまり好きじゃない」と酷評する。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、来季復活することになるフランスGPについて、ポール・リカールではなく、以前開催されていたマニ・クールで再び開催されることを望んでいると語る。

 ハミルトンは2018年仕様のスリックタイヤテストのため、今年の9月にポール・リカールでメルセデスのマシンを走らせた。彼はこのテストで114周を走行。翌日からはチームメイトのバルテリ・ボッタスがプログラムを引き継いだ。

 テレビ番組のインタビューで、ポール・リカールのコースについて尋ねられたハミルトンは、次のように答えた。

「正直に言って、僕はポール・リカールがあんまり好きじゃない。包み隠さず、そう言おうじゃないか」

 そうハミルトンは語った。

「マニ・クールで行われていた時、僕はフランスGPが好きだった。ポール・リカールは、とても美しい場所にある。でもコースは、僕はあまり好きじゃないんだ。マニ・クールほど素晴らしいサーキットじゃない」

「でも一番大切なことは、フランスでのグランプリを復活させることにある。フランスは、ヨーロッパでも重要な国だし、(F1の)ヨーロッパ・ツアーの中でも重要な部分だ」

「フランスには、皆さんご存知の通り、美しいサーキットがたくさんある。例えばル・マンだね。でも何らかの理由で、僕らはそういう美しいコースでグランプリをやることはできない」

「僕にとってポール・リカールは、あまり印象的じゃない。僕はドライバーだし、包み隠さずそう言う。遠回しに言うつもりはないよ」

「でももしかしたら、シーズンの中でも最高なレースをすることになるかもしれない」

 2008年を最後に開催されてこなかったフランスGPだが、来年復活。舞台を前述の通りポール・リカールに移し、6月24日に開催される予定だ。このポール・リカールでは、1971〜1990年の間に14回のフランスGPを開催している。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 フランスGP
サーキット サーキット・ポール・リカール
ドライバー ルイス ハミルトン
記事タイプ 速報ニュース
Topic Formula 1 2018