ハース、グティエレスにはポイント獲得を期待。グロージャンとの差は縮まるか

ハースは、グティエレスのポイント獲得を期待しているが、様々なアクシデントに見舞われた彼を責めることはできないという。

ハース、グティエレスにはポイント獲得を期待。グロージャンとの差は縮まるか
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team VF-16
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team VF-16 spins
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team VF-16

 今シーズン、ロマン・グロージャンがここまで28ポイントを獲得しているのに対し、エステバン・グティエレスは未だポイントを獲得できておらず、5度の11位フィニッシュにとどまっている。

 母国レースとなるアメリカGPを前に、チーム代表のギュンター・シュタイナーは、ハースのマシンには、トップ10フィニッシュできるだけの力があるということをもっと知りたいと話している。

「ポイントを獲得できると思っていなかったので、昨年はそれができるかどうかもわからなかった。しかしロマンはポイントを取っていたので、彼はそれができるだろうと考えていた」

「ふたりのポイント差が縮まることを期待してきた」

 しかしシュタイナーはグティエレスに関して、開幕戦でのフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)とのクラッシュや、メカニカルトラブルによるリタイアなどに見舞われているため、彼を責めるべきではないとしている。

「ポイントを取れていない彼自身がいちばん落ち込んでいる」

「レーシングドライバーであれば、チームメイトが28ポイントも取っているのに、自分がポイントを取れていない状況なんて嫌なものだ。これは大きな差だ」

「しかし我々は彼を信頼するべきだ。開幕戦では、彼は問題を抱えて走っていた。アロンソが彼の方に向かってきたというのもあるが、彼はブレーキとエンジンに問題があった。チームのみんなが落ち込んでいるが、誰も彼を責めたりはしない」

 グティエレスは来年もチームに残りたいと願っているが、チームはドライバー決定を急いでいない。

 シュタイナーは、「今はそれについて話し合っている」と話した。

「まだ何も決めていない。ポイントだけを見るのではなく、他の面も加味している」

シェア
コメント
ハース「今日は”グレムリン”の相手をしていただけ。パフォーマンス不足だ」

前の記事

ハース「今日は”グレムリン”の相手をしていただけ。パフォーマンス不足だ」

次の記事

F1アメリカGPフリー走行分析:ソフトのペースが優秀なレッドブル。打倒メルセデスなるか?

F1アメリカGPフリー走行分析:ソフトのペースが優秀なレッドブル。打倒メルセデスなるか?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー エステバン グティエレス
チーム ハースF1チーム
執筆者 Luis Ramírez