ハース、早すぎたマシン開発終了を嘆く「もう少し続けるべきだった」

ハースの代表は、今年はマシン開発を終えるのが早すぎたため、もう少し開発を続けるべきだったと語った。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、2017年マシンの開発を止めて来シーズンのマシン開発へと切り替えるタイミングが早すぎたことを認めた。

 2017年シーズン中盤、ハースはコンストラクターズ選手権で7位につけていた。しかし最終戦ではルノーが順位を上げて6位に上がり、ハースは2016年と同じくランキング8位でシーズンを終えた。

 2016年からF1に参戦を始めたハースだが、昨年はかなり早い段階でマシン開発をやめ、大きくレギュレーションの変わる今シーズンに向けて2017年マシンの開発を行っていた。

 しかしシュタイナーは、今年はマシン開発をやめ、来シーズンの開発に切り替えるタイミングが早すぎたことを認めた。

「(2016年と比べて)少しアップダウンは減った。だがシーズン後半はまだローラーコースターのようだった」

「様々な開発を行ったが、我々はもっと得るものがあると考えていた。しかし今年は、来シーズンのマシン開発を始めるのが早すぎたと気がついた」

「後になって振り返ったとしても、我々は違うことができただろうか? おそらくもう少し長く今年のマシンの開発をするべきだった。しかし過去に戻ることはできない」

「明確な答えはない。我々がやりたいことは来年のマシンパフォーマンスに重要なものをもたらすことなので、開発に集中しなければならなかった」

「来年のマシンはより良いものになると非常に自信を持っている。さもなくば、我々は開発ができていなかったということだ」

 またシュタイナーは、この2年間という非常に短いF1参戦期間の中で、初めてハースはレギュレーションが変わらないことによる利益を得ることになると考えている。

「簡単には言えないが、多少これまでとは異なるチャレンジになる」

「全く新しいものを作り出すのではなく、開発に集中しなければならない。我々がどのように開発をするのか見ていこう。これは”新章”だ。良いものになることを願っている」

「新しいチームとして、新しいマシンを作るということに関しては、この2年間は非常に良かった。完全な失敗というのはなかった」

「レギュレーションも変わらない状況で、マシン開発において我々がどれほど良い状態かというのを今は見ていく必要がある。それに関して私はポジテイブだ」

 彼は、ハースにはパフォーマンスにおいてもっと一貫性が必要であることを認めており、”何も得るものがないレースが続いた後で突然ポイント圏内に戻る”のでは、ポイントがすり抜けていってしまうと考えている。

「我々には基礎できたが、まだローラーコースターのようだ。ただシーズン前半は多くのレースでポイントを獲得できたので、(前半に関しては)あまりそうではなかったと言えよう」

「今年は昨年以上にたくさんのレースでポイントを獲ることができた。つまり、アップダウンがありながらも改善できていたということだ」

「しかし十分に一貫性を保てていた訳ではない。ランキングの順位を上げるためにも、安定してポイントを獲得する必要がある」

「ミスのせいでポイントを逃したレースも3〜4回あり、それのせいで大きな犠牲を払っていた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース