ハース、2021年エンジンコンセプト案に"賛同"「エンジン音は最優先事項」

ハースF1のシュタイナーは、2021年のエンジンコンセプト案に対して良い印象を持っているが改良が必要であると考えている。

 ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、FIAとF1から発表された2021年のエンジンコンセプト案に対して良い印象を持っているが、改良が必要であると考えている。

 先週、FIAとF1から2021年以降のF1パワーユニットレギュレーションに関する提案があった。しかしエンジンメーカーであるフェラーリとメルセデス、ルノーらはこの技術力の低下、パーツの標準化に重点が置かれたレギュレーションに反対意見を持っている。

 一方、コスト削減とレースの標準化を求めるシュタイナーは、このレギュレーション案に対し肯定的だ。

「これまで彼らはマシンの音の向上やレースの平等化、コスト削減を目指すべく新しいレギュレーションを吟味してきた」

「それこそが新しいレギュレーションを策定する上での目指すべきものだ。私が思うに彼らは良いコンセプト案を提示してきたように思う。今であれば技術者たちによってレギュレーションの詳細の精査を行うことができる。コンセプトはすでにそこにあるのだから、変更する必要はないと私は考えている」

「しかし、マシンの音の向上や標準化、コスト削減面で設定した目標値に到達するべく、コンセプトの詳細を煮詰めていく必要があるだろう。うまくいけば、理想を現実のものにすることができるはずだ」

 ハースのようなチームにとってコスト削減は最も重要度の高い問題であるが、シュタイナーはまずファンにとって受け入れられるようなエンジンでなければならないことを認めた。

「それが最も重要なことではないだろう。それ以上に大事なことがあるのだ。安いエンジンを作ってもファンが気に入らなかったとしたら、そもそも我々がF1に参戦している理由がなくなる」

「ファンが好むようなマシンの音にするために必要なことと新しいメーカーを誘致するために必要なこと、両方の間を取る必要がある」

「コスト面は新しく参入するチームや最近F1に加入したチーム、さらに我々のようなエンジンの供給をサプライヤーに頼っているチームには必要なことだろう。F1をより良くしていくために我々に必要な要素のひとつがコスト削減だ」

 シュタイナーはレギュレーションを新しくする上で最も重要な目的は、マシンの音の向上であることを強調した。

「もしエンジン音を良くしなければ、ただの騒音だと感じる。しかし、もしV10やV12エンジンの音やヒストリックカーの音を聞けば、美しい音色だと感じるはずだ。私はそういったエンジン音が好きな人がたくさんいるのではないかと考えている。しかし、F1にターボが存在する限り、V10やV12のようなエンジン音になるとは思えない」

「改善することは可能だ。現在のエンジンの回転数の上限を"3000"ほど上げれば、よりエンジン音は大きくなるだろう。遠くからきたマシンが大きなエンジン音を轟かせて近づいてくることはファンにとって良いことだと私は思う。少し騒々しいくらいがちょうど良いのだ」

「レギュレーションを確定させるためには1年ほどかかるだろう。そのためにも2018年末までに最終的な技術規則を確定させなければならないと考えている」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース