ハートレー「以前レッドブルから放出された時、僕は"ボロボロ"だった」

ハートレーは以前レッドブルのリザーブのシートを失った時について、"経験が十分ではなかった"と振り返った。

 今シーズン途中からF1に参戦し、来年トロロッソからのフル参戦が予定されているブレンドン・ハートレー。彼は以前レッドブルのリザーブドライバーだったが、2010年にその座から降ろされた経験がある。

 ハートレーは、当時について"十分な経験を持っていなかった"と振り返った。

「その時点で準備ができていなかった。その時の僕と同じ歳でレッドブルにいたマックス(フェルスタッペン)たちを大尊敬しているよ」

「本当に良いチャンスがあったけど、当時は経験不足だった。僕は必要な経験も、おそらく僕を手助けしてくれるであろう経験も持っていなかった。シートを失った時、僕はボロボロだった」

 しかしハートレーは、今となっては経験豊かで"より柔軟"なドライバーになったと自負しており、ポルシェで築いたキャリアを楽しんできたと語った。

「それから多くのことを学んだ。18歳の時よりももっと柔軟なドライバーになったと思う」

「(F1キャリアを復活させた)タイミングは完璧だし、今後も改善できると思う。厳しい時もあったけど、そこから学べたことは僕にとって重要なものだった」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース