バルセロナF1テスト初日:ベッテルが最速タイム

スペインGP後のバルセロナで合同テストが行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、スペインGPの予選よりも良いタイムを叩き出し、トップタイムを記録した。

 フェラーリは、先日のスペインGPの予選での落胆を解決するために、テスト初日のプログラムの一部を割いた。特に、タイヤからどのようにして更なるパフォーマンスを引き出すかという点に、重点が置かれていたようだ。

 ベッテルは、多くの時間をソフトタイヤでの予選シミュレーションに費やし、1分23秒220のベストラップを記録している。このタイムは、自身のスペインGP予選Q3での1分23秒334を上回るものであった。スペインGPでの問題点について、チームは少なくとも幾つかの回答を得たものとみられる。

 メルセデスはニコ・ロズベルグがドライブ。ミディアムタイヤを履いてマシンの評価に注力したが、ソフトタイヤを履いた際に1分23秒337を記録している。

 3番手はマクラーレン・ホンダのジェンソン・バトン。バトンはメカニカル及び空力のチェックを行ったが、スーパーソフトを履いて3番手タイムを記録している。

 次のモナコで初投入されるウルトラソフトタイヤを履いて4番手タイムを記録したのは、ハースのロマン・グロージャン。彼も、タイヤの使い方のチェックに終始した。

 レッドブルは、ダニエル・リカルドがドライブし、ルノーが投入予定のアップグレードパワーユニットを初めて試した。2日目には、スペインGPで初優勝を果たしたマックス・フェルスタッペンが、作業を引き継ぐ予定である。

 ウイリアムズはテストドライバーのアレックス・リンがドライブ。彼らは、2017年レベルのダンフォースのシミュレーションを行うため、モディファイされたウイングを投入している。

バルセロナ合同テスト初日結果

Pos. Driver Team Time Gap Laps
1  Sebastian Vettel  Ferrari 1:23.220   103
2  Nico Rosberg  Mercedes 1:23.337 0.117 119
3  Jenson Button  McLaren 1:23.753 0.533 86
4  Romain Grosjean  Haas 1:23.882 0.662 96
5  Pascal Wehrlein  Manor 1:24.297 1.077 86
6  Daniel Ricciardo  Red Bull 1:24.307 1.087 89
7  Pierre Gasly  Toro Rosso 1:24.821 1.601 78
8  Alfonso Celis  Force India 1:25.467 2.247 99
9  Alex Lynn  Williams 1:26.071 2.851 86
10  Esteban Ocon  Renault 1:26.530 3.310 105

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナ5月合同テスト
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー セバスチャン ベッテル
記事タイプ テストレポート