バンドーン「もうリザーブドライバーの立場は受け入れられない」

バンドーンは、マクラーレンがバトンとの契約を継続することを決定した場合、リザーブドライバーの役割を続けることはできないと語る。

 マクラーレンは、フェルナンド・アロンソの2017年のチームメイトを、まだ決めかねている。しかし、ジェンソン・バトンがチームに残留しなかった場合は、ストフェル・バンドーンがそのシートに収まるのは確実視されている。

 今年はマクラーレンのリザーブドライバーを務めると共に、スーパーフォーミュラにも参戦しているバンドーンは、来季F1デビューすることを熱望している。

「それは間違いなく僕が目指しているものだ」

 バンドーンはそう語る。

「僕はもう、リザーブドライバーの役割を受け入れるような立場にいるとは思っていない」

「僕は今年、その役割を務めてきた。そしてこの数年間、F1マシンをテストしてきたし、他のシリーズにも参戦した」

「僕は来年、(F1で)レースがしたい。それに100%集中している」

 バンドーンは、マクラーレンでドライブできない場合には、F1に参戦する別の可能性を持っていると語る。

「僕は、活用できる他のチャンスがあると確信している」

 バンドーンはそう説明する。

「僕は来年、100%グリッドにいるようにしたい。それが一番大事なことだ」

 バンドーンはマクラーレンに対して、すぐにでも決定を下すよう望んでいることを認めた。

「僕らはすでに少し話をし、現在も交渉が進行中だ。しかし実は、彼らは迅速に決定を下すことができるはずだ」

「僕はすぐにでもそのステージに辿り着くことを望んでいる。それで、皆さんは何が起きたのかを知ることになるだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース