バンドーン、アメリカGPで新ICEを投入し5グリッド降格ペナルティ

マクラーレンのストフェル・バンドーンは、アメリアGPで5グリッド降格ペナルティを受ける予定だ。

バンドーン、アメリカGPで新ICEを投入し5グリッド降格ペナルティ
Stoffel Vandoorne, McLaren
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32
Stoffel Vandoorne, McLaren

 今シーズンのレースが残り少なくなる中、マクラーレンはアメリカGPが競争力を発揮できるサーキットであるとみている。そのため、今週末に行われるアメリカGPでペナルティを避けたいと考えていた。

 しかし、マクラーレンのストフェル・バンドーンが現在使用している内燃エンジン(ICE)は走行距離がすでに長くなっているため、ホンダはこれを交換することを決定した。このためバンドーンは今シーズン8基目のICEを投入し、5グリッド降格ペナルティを受けることとなる。

 ホンダは現在も開発を進めており、今回投入されるICEにも性能を改善するための小さな変更が加えられているという。

 ホンダはバンドーンのペナルティを最小限に抑えるために他のパワーユニットの交換は行わないと決定した。

 バンドーンはオースチンの金曜日に行われるフリー走行から新しいパワーユニットを投入する。なお、チームメイトであるフェルナンド・アロンソは日本GPで同じエンジンを投入している。 

【関連ニュース】

シェア
コメント
ホンダ、信頼性と性能の向上は”開発チームの再編”効果か?

前の記事

ホンダ、信頼性と性能の向上は”開発チームの再編”効果か?

次の記事

フェルナンド・アロンソ、マクラーレンへの残留を決断

フェルナンド・アロンソ、マクラーレンへの残留を決断
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦アメリカGP
ロケーション サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
執筆者 Lawrence Barretto