バンドーン「チームはホンダよりもルノーの方が緊密な関係にある」

26,651 見る

ストフェル・バンドーンは、マクラーレンがホンダよりもルノーと緊密な関係を築くことができていると語った。

 ストフェル・バンドーンは、マクラーレンがホンダよりもルノーと緊密な関係を築くことができていると語った。

 3年間ホンダからパワーユニットの供給を受けてきたマクラーレンは早期に契約を打ち切り、2018年よりルノーと契約を交わした。

 一方のホンダはトロロッソと契約を結び、バルセロナ公式テストで順調な走行を見せた。

 ルノーとマクラーレンがどのような協力体制をとっているのか訊いたところ、バンドーンは次のように語った。

「これまではすべてうまくいっている。僕はホンダよりもルノーの方が、マクラーレンと文化が似ているからだと思う」

「とてもオープンな関係だ。誰かが間違いを犯しても、誰も責めたりしない。問題があってもすぐに解決策を見つけることができる」

 彼はマクラーレンの雰囲気について、テスト中に問題が発生しても昨年とは"全く違っており、非常にポジティブな雰囲気"であると説明した。

「チームを加速させる変更が必要だったのかもしれない。いくつかの問題があっても、非常にポジティブなテストにすることができた」

「誰もがポジティブな気持ちであり、それが僕たちの大事なモチベーションになっている」

 バンドーンはテスト3日目に6番手タイムを記録した。その日はフェラーリのセバスチャン・ベッテルが非公式レコードを記録しているが、そのタイムからは1.7秒ほど遅れていた。

「もちろん彼らは非常に速いが、僕たちは今シーズン、フェラーリやメルセデスに対抗しようとは考えていない」とバンドーンは語った。

「僕たちは常に改善する必要がある。改善をしないチームなどF1にはいない。マシンから良い感触が得られていても、解決すべき問題はないとは言い切れない」

「今のパッケージに満足している。セットアップではマシンのシステムを理解することができた」

Additional reporting by Erwin Jaeggi

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース