バンドーン「マクラーレンに対し、才能を証明した」

ストフェル・バンドーンは、デビュー戦でいきなり入賞したことで、自らの才能をチームに対して見せつけたと信じている。

 バンドーンは、メルボルンでのクラッシュの影響で欠場することになったフェルナンド・アロンソの代役としてレースに出るよう、電話連絡を受けた。

「この週末は僕にとって、マシンに乗るための大きなチャンスだった。そして、僕はそれをモノにした。とってもハッピーだよ」とバンドーンは語る。

「僕は自らの力を証明できたと思っている。あとは静観するだけだよ」

「本当に楽しかった。子供の頃から、僕はF1を夢見てきたからね。そしてその週末は、僕にとって大きなチャンスだった」

 彼は付け加える。

「最後に、我々は多かれ少なかれ、チャンスを最大化する。そして、僕らは1ポイントを持ち帰った。そして、僕のF1デビューについて考えると、その事実はとても幸せに思えるよ」

週末を通して素晴らしいパフォーマンスを示したバンドーンは、中国GPでドライブすることについては考えていないとしている。

「中国のことについては知らない。今回は一度きりのこと。僕の才能を証明する機会を得ることができて、感謝しているよ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バーレーンGP
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース