ヒュルケンベルグとパーマー、グリッド降格ペナルティー決定

ヒュルケンベルグとパーマーは、イタリアGPでグリッド降格ペナルティを受けることが決まった。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグとジョリオン・パーマーは、パワーユニットに新しいエレメントを投入するため、グリッド降格ペナルティが確定した。

 ヒュルケンベルグは新しいMGU-Hを投入するため、10グリッドペナルティが決まっている。またチームメイトのパーマーは、新しいターボチャージャーとMGU-Hの投入により、15グリッドペナルティとなる。

 ルノーふたりのペナルティ決定以前には、ルノー製パワーユニットを使用するレッドブルのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン、トロロッソのカルロス・サインツJr.もペナルティが決まっていた。

 リカルドはギヤボックスの交換分も合わせて25グリッド降格が確定。また昨日の時点で15グリッド降格が決まっていたフェルスタッペンは、フリー走行3回目で新しいターボチャージャーを投入したため、さらに5グリッドペナルティが追加され、合計20グリッド降格となった。サインツJr.は新たなMGU-Hを投入したため、10グリッド降格となっている。

 なお、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは35グリッド降格が決まっており、これにより現時点では、6人のドライバーのグリッド降格ペナルティが確定した。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット Autodromo Nazionale Monza
ドライバー ジョリオン パーマー , マックス フェルスタッペン , ニコ ヒュルケンベルグ
チーム レッドブル , ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース