F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days

ヒュルケンベルグとパーマー、グリッド降格ペナルティー決定

ヒュルケンベルグとパーマーは、イタリアGPでグリッド降格ペナルティを受けることが決まった。

ヒュルケンベルグとパーマー、グリッド降格ペナルティー決定
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team RS17
Jolyon Palmer, Renault Sport F1 Team RS17
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB13,. and Max Verstappen, Red Bull Racing RB13, wait in the pit lane
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso STR12

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグとジョリオン・パーマーは、パワーユニットに新しいエレメントを投入するため、グリッド降格ペナルティが確定した。

 ヒュルケンベルグは新しいMGU-Hを投入するため、10グリッドペナルティが決まっている。またチームメイトのパーマーは、新しいターボチャージャーとMGU-Hの投入により、15グリッドペナルティとなる。

 ルノーふたりのペナルティ決定以前には、ルノー製パワーユニットを使用するレッドブルのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン、トロロッソのカルロス・サインツJr.もペナルティが決まっていた。

 リカルドはギヤボックスの交換分も合わせて25グリッド降格が確定。また昨日の時点で15グリッド降格が決まっていたフェルスタッペンは、フリー走行3回目で新しいターボチャージャーを投入したため、さらに5グリッドペナルティが追加され、合計20グリッド降格となった。サインツJr.は新たなMGU-Hを投入したため、10グリッド降格となっている。

 なお、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは35グリッド降格が決まっており、これにより現時点では、6人のドライバーのグリッド降格ペナルティが確定した。

【関連ニュース】

シェア
コメント
F1イタリアGP FP3:天候不順でスタート遅延。マッサがトップタイム

前の記事

F1イタリアGP FP3:天候不順でスタート遅延。マッサがトップタイム

次の記事

Q1クラッシュのグロージャン「予選を始めるべきではなかった」

Q1クラッシュのグロージャン「予選を始めるべきではなかった」
コメントを読み込む