Formula 1 2017
トピックス

Formula 1 2017

ヒュルケンベルグ、ルノー移籍決定へ最終段階か?

複数の情報源によれば、ニコ・ヒュルケンベルグはルノー移籍決定の最終段階にあるという。

ヒュルケンベルグ、ルノー移籍決定へ最終段階か?
Nico Hulkenberg, Sahara Force India F1
Nico Hulkenberg, Sahara Force India F1 VJM09
Nico Hulkenberg, Sahara Force India F1 VJM09
Nico Hulkenberg, Sahara Force India F1 VJM09
Nico Hulkenberg, Sahara Force India F1 VJM09
Sergio Perez, Sahara Force India F1 VJM09 leads team mate Nico Hulkenberg, Sahara Force India F1 VJM09

 フォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグは、来季のルノーのドライバー候補の主要なひとりとして名前が挙がっていた。ルノーはこの他、ストフェル・バンドーンやカルロス・サインツ、そしてバルテリ・ボッタスなどにも興味を持っていたようだが、これらの獲得に失敗。そのため最近では、ヒュルケンベルグが最有力と言われていた。

 ヒュルケンベルグはすでにフォースインディアとの契約を結んでいたが、彼にはその契約から抜け出す余地があると考えられている。

 ルノーはヒュルケンベルグ獲得を成功させるためのシナリオを確認したようだ。それは、ドライバーをターゲットにし、複数年契約を提示するようなことにあるという。

 情報源によれば、ヒュルケンベルグとルノーの会談は、最終段階にあるという。しかし、まだその最終的な契約は、現段階では締結されていないと考えられている。

 ヒュルケンベルグとの契約は、あるラインを超えなければならないが、チームメイトには今年の途中からマノーに乗っているエステバン・オコンが起用される可能性が高い。オコンはF1昇格後、マノーのマシンで印象的なスピードを見せている。

 フォースインディアがヒュルケンベルグを手放した場合、その代役となるドライバーは現時点では当然不明だ。しかし、パスカル・ウェーレインは、メルセデスの契約ドライバーであり、その関係から同メーカーのエンジンを使用するフォースインディア入りを後押しする可能性が高い。

シェア
コメント
クビアト「アロンソを抑えるのはペナルティギリギリ。奇跡が必要だった」

前の記事

クビアト「アロンソを抑えるのはペナルティギリギリ。奇跡が必要だった」

次の記事

ジョニー・ハーバート、フェルスタッペンの”凄さ”を語る

ジョニー・ハーバート、フェルスタッペンの”凄さ”を語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム フォースインディア , ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble