ヒューゴボス、F1とのスポンサー契約終了へ。FEとの契約締結の意向示す

ヒューゴボスはF1とのスポンサー契約を終了し、フォーミュラEと新たに契約を結ぶ意向であることがわかった。

 長期に渡りF1とスポンサー契約を結んできたドイツのファッションブランドであるヒューゴボスは、F1との契約を終了し、新たにフォーミュラEとの契約を結ぶ意向であるという。

 2015年からはメルセデスと契約を結んでいるヒューゴボス。それ以前は、マクラーレンとも30年以上スポンサー契約を続けてきた。

 しかしフォーミュラEが台頭していることや、メルセデスを含めた複数のマニュファクチャラーが将来的にフォーミュラEへの参戦を明らかにしたこともあり、ヒューゴボスはフォーミュラEとのスポンサー契約を結ぶことを決断した。

 ヒューゴボスの最高経営責任者であるマルク・ランガーは、ドイツの雑誌Focusに対し、フォーミュラEは会社にとってF1よりも良いプラットフォームだと感じたと語った。

「もちろん、F1はモーターレーシングの中でもトップクラスだ。しかしフォーミュラEはより革新的で持続可能なものだ」

「エンジン、主要都市でのレース、こういったものはより若い世代の好むものであり、新しい機会を提供してくれる」

 ランガーは、フォーミュラEはF1よりも費用のかからないオプションだったため、即座にこの決断を下せたのではないと指摘した。

「1970年代にヨッヘン・マスと出会い、それ以降長きに渡りF1との関係を続けてきたが、我々は次に何をすべきなのかと考えてきたのだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , フォーミュラE
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース