F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

ピレリはイタリアGPで最低内圧の制限を低くすることを決定

ピレリはフロントの最低内圧の制限を低く設定することをチームたちに公表した。

ピレリはイタリアGPで最低内圧の制限を低くすることを決定
Mercedes AMG F1 Pirelli tyre
Mercedes AMG F1 Pirelli tyre in a blanket

 2016年イタリアGPにおいてピレリは、タイヤとマシンのパフォーマンスを最大限に引き出すために、昨シーズンと比べて2psiほど最低内圧値の制限を高く設定していた。

 チームに与えられたオリジナルの内圧はフロント23.5psi、リヤ21.5psiだった。この数値はベルギーGPと似たセッティングだ。

 ピレリのF1レーシングマネージャーのマリオ・イゾラは、2015年よりも内圧を上げた理由を次のように語った。

「主な理由として、両方のフロントタイヤにそれぞれ100kg以上の負荷が追加でかかることが判明し、最高速度の想定も昨年から10km/h速くなると考えました」

「リヤタイヤにおいては、昨年より80kg以上の負荷が増えると推定しています。これが我々が内圧を上げることを決めた理由です」

「また昨年我々は、フロントのキャンバー角を3度に設定しました。今年に関してはある程度チームで自由にアレンジできるようにするためと、タイヤのアウト側ショルダー部の過度な磨耗を回避するために3.25度に設定したのです」

 しかし、金曜日のフリー走行中に各チームからもたらされたデータの分析に基づいて、最低内圧値を少し下げることを決定した。

 土曜のフリー走行からチームは、最低内圧をフロント23psi、リヤ20.5psiに設定できるようになった。またピレリは、グランプリ中に潜在的な問題が起きた場合、再度状況を調査する権利を有している。

 一方、キャンバー角に変更はない。

シェア
コメント
グロージャン、ギヤボックス交換で5グリッドペナルティ

前の記事

グロージャン、ギヤボックス交換で5グリッドペナルティ

次の記事

F1イタリアGP予選:ハミルトン、ロズベルグに0.5秒の大差でポールポジション獲得!

F1イタリアGP予選:ハミルトン、ロズベルグに0.5秒の大差でポールポジション獲得!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ロケーション アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ
執筆者 Jonathan Noble