ピレリ”ピンクリボン”支援のため、アメリカGPのタイヤカラーを変更

ピレリは、ピンクリボン運動を支援するため、アメリカGPで使われるウルトラソフトタイヤのカラーリングをピンクにすることを明らかにした。

 今週末に行われるF1アメリカGPで、ピレリはウルトラソフトタイヤのカラーリングを紫からピンクに変更、乳がん啓発活動”ピンクリボン運動”を行う「スーザン・G・コーメン乳がん基金」の活動をサポートする。

 ピレリはこれについて「重要な取り組みを支援するため、このタイヤを使ってインパクトのあるメッセージを発信する」と声明を発表した。

「これは団結と深い関与についてのシンボルであると同時に、その重要性を強く思い起こさせるものだ。ゆえに今週末は、ピンクリボン活動についてご確認いただきたい」

 ピンクリボン運動を行うスーザン・G・コーメン乳がん基金は、1982年の発足以来9億2000万ドル(約1000億円)の募金を調達。世界60カ国以上で活動している。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース