ピレリ、ブラジルGPの各ドライバー別タイヤ持ち込みセット数を発表

シェア
コメント
ピレリ、ブラジルGPの各ドライバー別タイヤ持ち込みセット数を発表
Pablo Elizalde
執筆: Pablo Elizalde
2016/11/02 10:57

ピレリは、各ドライバーがブラジルGPに持ち込むタイヤのセット数リストを発表した。

Pirelli tyres
Pirelli tyres
Pirelli tyres
Pirelli tyre technician with Renault Sport F1 Team tyres
Pirelli tyres for the Mercedes AMG F1 team
Pirelli tyre on the car of Marcus Ericsson, Sauber C35
A Pirelli tyre washed
Pirelli at the Mexican Grand Prix
Pirelli tyres
Pirelli tyre

 ピレリは、ブラジルGPの各ドライバーのタイヤ選択リストを発表した。

 来週に迫った第20戦ブラジルGP。ニコ・ロズベルグは、このレースで優勝すれば、最終戦アブダビGPを待たずして、自身初のチャンピオン獲得となる。一方、チームメイトのルイス・ハミルトンにとっては、3年連続チャンピオン獲得に向け、是が非でも負けられないレース。まさに大一番である。

 今回のブラジルGPに持ち込まれたのは、ハード、ミディアム、ソフトの3種類のタイヤ。このうちハードとミディアムが、決勝中の使用が義務付けれらたタイヤになっている。

 さてそのチャンピオンを争うふたりは、全く同じ選択でブラジルGPに駒を進めた。通常メルセデスは、ふたりのドライバーで持ち込みのタイヤセット数を若干変え、ロングランの比較テストを行う。しかし今回はこれをせず、イコールコンディションにしてきた。これは、おそらくいずれかのドライバーにとって有利に働くことがないように配慮したものと思われる。ここまで来ると、チームとしても気を遣わずにはいられないということなのだろう。

 フェラーリはいつも通り、ふたりのドライバーで持ち込みセット数を分けた。これにより、ハードとミディアムの比較テストを、じっくりと行うつもりなのだろう。その他、チームメイトでタイヤのセット数を分けてきたのは、ハースのみ。ソフトのセット数もかくチーム7セットか8セット(ウイリアムズのみ9セット)であり、各車同じような選択となっている。

Pirelli selected sets per driver
Pirelli selected sets per driver

Photo by: Pirelli

【関連ニュース】

ロス・ブラウン、F1の運営に参加の可能性。チームとFIAの橋渡し役も

FIA、ベッテルの”暴言”に対してペナルティを科さないことを決定:F1メキシコGP

ヒュルケンベルグは見た。「スタートだけハミルトンのブレーキが滑ったなんて驚き」

 

次の F1 ニュース
ロス・ブラウン、F1の運営に参加の可能性。チームとFIAの橋渡し役も

前の記事

ロス・ブラウン、F1の運営に参加の可能性。チームとFIAの橋渡し役も

次の記事

F1”勝利への渇望”をテーマにした折原弘之写真展『Emotion』開催

F1”勝利への渇望”をテーマにした折原弘之写真展『Emotion』開催
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 第19戦ブラジルGP
ロケーション Autódromo José Carlos Pace
執筆者 Pablo Elizalde
記事タイプ 速報ニュース