ピレリ2017年用タイヤをフェラーリとメルセデスがテスト。今回はスリック

今週、2017年用タイヤをフェラーリがバルセロナ、メルセデスがポールリカールでテストする予定。

 先月に引き続き、2017年用のF1タイヤテストが、今週バルセロナとポールリカールで行われる。今回のテストではスリックタイヤが試される予定だ。そしてこれらのテストはフェラーリとメルセデスが担当する。

 フェラーリはバルセロナでテストを行う。キミ・ライコネンは火曜のテスト初日を担当。2日目にはセバスチャン・ベッテルにテストを引き継ぐ予定になっている。

 一方、メルセデスはポールリカールに赴く予定で、パスカル・ウェーレインが火曜から木曜までマシンを走らせる。

 メルセデスとフェラーリは、来季マシンが発生するであろうダウンフォースをシミュレートするため、改造した2014年マシンを持ち込む予定だ。

 今回のテストは前回よりもマシンが高速になり、大きなダウンフォースが発生することが予想されている。しかしピレリはチームに対し、先月のテストよりダウンフォースを更に約10%多く発生させられるマシンを用意するよう求めている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン , パスカル ウェーレイン , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース