ライコネンにとって痛手!? 担当レースエンジニアがフェラーリ離脱

キミ・ライコネンを担当していたレースエンジニアのデイビッド・グリーンウッドが、2018年のシーズンに先立ってチームを離れることになった。

 フェラーリのキミ・ライコネンを担当していたレースエンジニアのデイビッド・グリーンウッドが、2018年シーズンを前にチームを離脱することが明らかになった。

 グリーンウッドは、マルシャでチーフエンジニアを務めた後、2015年にフェラーリに加入。ライコネンとともに3シーズンを過ごしていた。

 グリーンウッドは個人的な理由からチームを離れ、イギリスに戻るようだ。そして、マノーの世界耐久選手権(WEC)プロジェクトに関わるのではないかと見られている。

 フェラーリはグリーンウッドの後任を誰にするかまだ決定していないが、今後数週間で決断が下される模様だ。

 またチーム内部の人員入れ替えの一環として、これまでオペレーションチーフを担当しピットウォールから指示を出していたディエゴ・イオヴェルノが、今後はファクトリーでの勤務になるようだ。

 イオヴェルノの後任もまだ未定であり、場合によっては複数のエンジニアが彼の職務を分担することになるかもしれない。例えばチーフエンジニアであるジョック・クレアが、レース活動の責任者を務め、イオヴェルノの職務の一部を担当する可能性もある。

 2月26日からバルセロナで行われるオフシーズンテストに先立ち、今後数週間でチームの組織構造と各スタッフの職務がさらに調整されると予想されている。

 強固な関係を築いていたグリーンウッドの離脱は、ライコネンにとって大きな痛手になりかねない。昨シーズン、チーム上層部から結果を出すように圧力をかけられていたライコネンにとって、グリーンウッドはプレッシャーに対処する上で重要な役割を果たしたと考えられているからだ。

 フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは昨年ライコネンに対して、2018年以降もチームに残りたければ、パフォーマンスをもっと改善しなければならないと警告している。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース