F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

フェラーリ、アメリカGP初日の夜にベッテルのシャシーを一新すると決断

フェラーリのセバスチャン・ベッテルはアメリカGPの金曜日にトラブルを抱えたため、新しいシャシーを用意することを決めた。

フェラーリ、アメリカGP初日の夜にベッテルのシャシーを一新すると決断
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H, in the pits

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、アメリカGPの金曜日にトラブルを抱えたため、翌日以降新しいシャシーを用意することを決めた。

 ベッテルは、アメリカGPの金曜日に行われたフリー走行2回目で走行していた時、マシンのフロントアクスルが"ゼリー"のようだとチーム無線で報告した。チームはすぐさまベッテルにピットに戻るよう指示した。

 チームは問題の原因を見つけ出そうと尽力したが、結局ベッテルが感じ取った違和感の元は明らかにならなかった。

 土曜日の予防措置として、フェラーリはFIAのホモロゲーションを取ったシャシーの交換を行うことを決定した。

 新しいモノコックは金曜日の夜に組み立てられ、土曜日の朝に行われるフリー走行3回目の前に車検が行われる予定である。

 フリー走行2回目の序盤でスピンするなど、シャシーのトラブルに見舞われているフェラーリだが、ベッテルはチームがアメリカでメルセデスを脅かすようなペースを発揮できると期待している。

「楽しく余裕の持てるような午後にはならなかったが、マシンは速いと確信できたため、心配する必要はないと思う」

「僕が唯一計測したのはウルトラソフトタイヤでの1アタックだけだ」

「セッションの序盤で、あまりにも多くのリスクを取りすぎたが故にミスを犯してしまった。僕はターン19でリヤのグリップを失った。これは僕の過ちだ。おまけにタイヤを1セットダメにしてしまった」

「けれども、マシンの何かがうまく機能していないと感じた。だから何度かチェックを行なってコースインしていた」

 【関連ニュース】

シェア
コメント
ハミルトン「マシンには“大変更”が必要だったが、満足のいく日だ」

前の記事

ハミルトン「マシンには“大変更”が必要だったが、満足のいく日だ」

次の記事

F1アメリカGP FP3速報:ハミルトンが全セッション首位。ベッテルが2番手

F1アメリカGP FP3速報:ハミルトンが全セッション首位。ベッテルが2番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦アメリカGP
ロケーション サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
執筆者 Jonathan Noble