フェラーリ、イタリアGPで残り3トークンをすべて投入しPUをアップグレード

シェア
コメント
フェラーリ、イタリアGPで残り3トークンをすべて投入しPUをアップグレード
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2016/09/02 7:58

フェラーリは、イタリアGPでパワーユニットのアップグレードを投入。残りの開発トークンは0になるようだ。

Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H

 フェラーリは当初、先週行われたベルギーGPでアップグレード版パワーユニットの投入を計画していた。しかし、最終的にはホームレースのモンツァまで導入を延期する方が良いと判断していた。

 セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンがベルギーで使ったパワーユニットは、それまでにまだ4レースしか完了しておらず、もう1レース完走するキャパシティがあるとフェラーリが考えたためだ。

 導入を1レース延期することで、チームはテストベンチでパワーユニットのパフォーマンスを最大化し、信頼性の問題を減らすことができたはずだ。

 フェラーリがアップグレード版のパワーユニットを導入するのと同様に、ハースもこのアップグレード版を使うことができる。また、ザウバーについては今季残りのレースのいずれかのタイミングで導入が予定されている。

 今回のアップデートにより、フェラーリがパワーユニット改良トークンを使い切った最初のマニュファクチャラーになった。

 

現在のトークン使用状況

フェラーリ 32(残り0)

ホンダ   29(残り3)

メルセデス 26(残り6)

ルノー   11(残り21)

次の F1 ニュース
バトン、イタリアGPのFP1でハロをテスト

前の記事

バトン、イタリアGPのFP1でハロをテスト

次の記事

FIAのホワイティング、フェルスタッペンと話し合いを持つ

FIAのホワイティング、フェルスタッペンと話し合いを持つ
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ロケーション Autodromo Nazionale Monza
ドライバー キミ ライコネン 発売中 , セバスチャン ベッテル 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース