F1
27 6月
-
30 6月
イベント 進行中 . . .
11 7月
-
14 7月
イベント 進行中 . . .
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
8 days
05 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
15 days
R
第15戦シンガポールGP
19 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
29 days
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
36 days
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
64 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
71 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
85 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
99 days

フェラーリ”サプライズ”なアップデートを近日投入

シェア
コメント
フェラーリ”サプライズ”なアップデートを近日投入
執筆:
2016/06/23 3:35

フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、数レースのうちに「驚き」のアップデートを投入することを示唆した。

Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Maurizio Arrivabene, Ferrari Team Principal
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Scuderia Ferrari and team-mate Sebastian Vettel, Scuderia Ferrari
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H, leads Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB12
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H

 フェラーリは今季まだ勝利していないにもかかわらず、チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンが、メルセデスとの差を埋めることができると期待している。

 アリバベーネは、近日中にもたらされるアップグレードについて「面白いものがある」と語った。

「正確な日程をお知らせすることはできないが、我々のエンジニアはほとんど寝ていない。いくつかのサプライズがあるよ。そのためにシャシーエンジニアは、寝る間も惜しんで働いているんだ」

”1勝でもタイトルは獲れる”

 フェラーリはまだタイトルを獲得できると考えているアリバベーネ。その理由は、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが、互いにポイントを獲り合っているからだという。その状況下で、チームがベッテルに集中すれば、メルセデスに打ち勝つチャンスがあるかもしれない。

「レースの勝利数だけの問題ではない。どのように前を行く彼らにプレッシャーをかけることができるかが重要なんだ」とアリバベーネは語る。

「ロズベルグとハミルトンがポイントを獲り合う間に、我々は稼がなければならない。なぜなら、彼らの戦いは非常に激しくなるだろうから」

「チャンピオンシップは非常に長い。そして、我々にはいくつかの不運があった。一方、彼らには1度しか不運が訪れていない」

「しかし彼らにそれがまた起きれば、ポイントを獲得するのは非常に簡単になる。我々は信じ、そしてポジティブでなければならない」

「カナダでは、我々はメルセデスに近づくことができた。バクーでは最初は非常に悪かったが、最終的には表彰台を獲得できた。かつてケケ・ロズベルグが成し遂げたように、たった1勝でタイトルを獲得できたらいいね」

 ハミルトンがロズベルグを下すことは、フェラーリにとって助けになるのではないかと聞かれた際、アリバベーネは「もちろんだ」と答えた。

「彼(ハミルトン)が最初から我々の味方だったら完璧なんだけどね。しかしもちろん、彼はメインの相手になるだろう。まだ13レースも残っている。シーズンはとても長い」

 

次の記事
「イタリアGPはモンツァで開催すべき」を主催者代表が主張

前の記事

「イタリアGPはモンツァで開催すべき」を主催者代表が主張

次の記事

2017年F1マシンは”美しい”とフェラーリTD語る

2017年F1マシンは”美しい”とフェラーリTD語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む