F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

フェラーリ”ハロ2”をオーストリアでテスト予定

シェア
コメント
フェラーリ”ハロ2”をオーストリアでテスト予定
執筆:
協力: Roberto Chinchero
2016/06/29 23:28

フェラーリは2017年から導入予定のコクピット保護システム”ハロ”のバージョン2をオーストリアGPでテストする。

Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H running the Halo cockpit cover
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H running the Halo cockpit cover
The Halo cockpit cover used on the Ferrari SF16-H
The Halo cockpit cover used on the Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H with the F1 Halo cockpit system

 フェラーリはバルセロナで行われたオフシーズンテストの際、コクピット保護システム”ハロ”の実走テストを行った。その後、同チームはそのデザインを洗練させるために時間を費やしてきた。

 アップデートバージョンは、以前テストされたものより小型化され、チタン製になり、”ハロ2”の愛称で呼ばれているという。

 フェラーリはオーストリアGPの金曜に、1台のクルマにハロ2を実装する予定だ。ただそのテストは、現時点ではピットレーンでのテストの留まるものと見られる。

 フェラーリはFIAのオフィシャルと共にこのデザインについて評価を行う予定であると見られる。彼らは、最近行われたクラッシュテストの後、ハロのデザインを修正してきた。

 その結果、フェラーリはハロ2を装着したマシンを実際に走らせることも可能であるとみられる。しかし、これはまだ決定には至っていないという。

 FIAはチームに対し、ハロの使用を義務付けるかどうか、7月上旬までに決定すると約束している。この問題は、来週行われるテクニカルレギュレーションに関する会議の主題となる可能性が高い。

 将来的にはハロを置き換えることになるとみられていたエアロスクリーンについては先日、レッドブルは来季マシンの開発にリソースを集中させるため、開発を中断したことを明らかにしている。

次の記事
フェラーリ社長、ライコネンに「契約に値する結果を」と語る

前の記事

フェラーリ社長、ライコネンに「契約に値する結果を」と語る

次の記事

「F1はタイヤ選択の完全自由化を実現すべき」とプロスト

「F1はタイヤ選択の完全自由化を実現すべき」とプロスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ロケーション レッドブルリンク
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble