フェラーリ、”ハロ2”をシルバーストンで実走テスト

フェラーリはイギリスGPのフリー走行1回目で、”ハロ2”の実走テストを行った。

 

 フェラーリは先週のオーストリアGPにハロの進化版であるハロ2を持ち込み、脱出テストを完了させた。しかし、マシンの問題、そして天候上の問題があったため、実走テストを断念していた。

 このハロ2はシルバーストンに持ち込まれ、セバスチャン・ベッテルのマシンに装着。フリー走行1回目の際に走行を行った。

 ハロはバルセロナで行われたオフシーズンテストに初めて登場した。今回持ち込まれたハロ2は、ハロを軽量・改良したコクピット保護システムである。

 ハロ2はその形状が変更されており、クラッシュが起きた際にドライバーが構造に頭部を打ち付ける危険性が低減されている。そして、軽量化を果たすため、チタンが多用されている。

 F1テクニカルディレクター陣はイギリスGPを前にFIAと会議を行い、2017年のハロ2実用に向け、進捗状況について議論を行っている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース
タグ halo 2