フェラーリ、マールボロとのスポンサー契約延長を発表

フェラーリは、マールボロブランドを展開するタバコ会社フィリップモリスと、長期契約を延長したことを発表した。

 フェラーリは、マールボロブランドを展開するタバコ会社フィリップモリスと、長期契約を延長したことを発表した。

 F1では、タバコブランドの広告が禁止されているため、2008年以降のマシンには、タバコメーカーのロゴは掲出されていない。しかしフェラーリは、フィリップモリス社のタバコブランドである”マールボロ”のスポンサードを受け続けてきており、マシンと同チームのユニフォームは、マールボロと同じ赤と白に塗り分けられてきた。

 フィリップモリスとフェラーリのパートナーシップは40年以上も前に始まり、1997年以降はタイトルスポンサーを務めている。そして、月曜日に発表された声明によれば、新たな契約期間は複数年であるという。

 フェラーリとフィリップモリスの契約は、当初今年限りで終了する予定だった。しかし、現在フェラーリのチーム代表を務めているマウリツィオ・アリバベーネは、元フィリップモリスのマーケティング担当であるため、両者の関係はしばらく続くことになるだろう。

【関連ニュース】

この記事について
シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース