フェラーリ、ロシアGPに新フロントウイングとエンジンアップデートを投入

シェア
コメント
フェラーリ、ロシアGPに新フロントウイングとエンジンアップデートを投入
Franco Nugnes
執筆: Franco Nugnes
2016/04/27 17:01

フェラーリはエンジンのアップデートと、改良版のフロントウイングをロシアGPに持ち込むことがわかった。これにより、フェラーリは今季初勝利をさらに追求するという。

Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H and Jolyon Palmer, Renault Sport F1 Team RS16 battle for position
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H with a broken front wing
The broken front wing of Kimi Raikkonen, Ferrari
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H

 フェラーリのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、先日妻を亡くしたため、一時チームから離れていた。しかし彼はチームに復帰し、メルセデスに挑戦すべく準備を進めている。

 フェラーリはこの週末のロシアGPに、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンふたりのために、新しいフロントウイングを用意するという。このステップは、SF-16Fの可能性を広げ、信頼性の問題によって失われた選手権ポイントを補うことが期待されている。

トークンを使用したエンジンアップデートも

 フェラーリはまた、エンジンの燃焼効率も改善するという。これには、開発トークン”3"の利用が必要である。

 このアップデートは、シリンダー内の圧縮比を高めるものになるようだ。これにより排気ガスの流れを増加させ、ターボのパフォーマンスを向上させることを狙っている。しかし、ただ馬力を向上させるだけではなく、より重要度が増しているエネルギー回生システムの効率改善に主眼が置かれているようだ。

 エンジンがアップデートされることにより、ライコネンは年間に使うことが許されている合計5基のエンジンのうち2基目を投入するということなる。しかし、ベッテルは一度エンジンを壊しているので、ロシアGPからは3基目……ということになる。このような状況は奇妙に映るかもしれないが、フェラーリの関係者は、古いパワーユニットをパワーがそれほど重要ではないモナコやシンガポールで使えばいいため、ローテーションは破綻していないと断言している。

 

次の F1 ニュース
ジョン・ブースがトロロッソのレーシングディレクターに就任

前の記事

ジョン・ブースがトロロッソのレーシングディレクターに就任

次の記事

2017年F1レギュレーション変更、出席者不足で投票は延期

2017年F1レギュレーション変更、出席者不足で投票は延期
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン 発売中 , セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Franco Nugnes
記事タイプ 速報ニュース