フェラーリ、"時間切れ"でスタート前にスパークプラグ交換できず

フェラーリのベッテルは、日本GPの決勝をスパークプラグのトラブルでリタイアしたが、レース前にプラグ交換する時間がなかったという。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、日本GPにスタートするためにガレージからマシンを出した際に、スパークプラグのトラブルに気付いた。しかしスタート前にスパークプラグを交換する時間がなかったという。ベッテルはこのトラブルの影響でレースを早々にリタイアしなければならず、チャンピオン争いに向け大きな打撃を与えた。

 スタート前にピットレーンがオープンになった際、フェラーリはマシンに問題があることに気付いた。ベッテルがマシンをグリッドに停車させると、フェラーリのメカニックたちは問題の修復に取り掛かった。彼らはエンジンカバーを外し、問題があるエリアに取り組んだ。

 このシーンは、マレーシアGPでキミ・ライコネンに起きたトラブルを思い起こさせた。この時ライコネンのマシンを襲ったのは、エンジンとコンプレッサーを繋ぐパイプに亀裂が入ったことであり、フェラーリはこれを修復することができなかった。

 メカニックはベッテルのマシンのプラグを交換しようとしたが、この交換作業に必要なパーツを取り外すのに十分な時間がなかったという。そしてフォーメーションラップがスタートする前に再び問題が発生。チームはエンジンのセッティングを変更し、走行を続けようとした。

 しかし、この措置には十分な効果がなく、ベッテルはスタート直後からパワーを失い、ズルズルと後退していった。そしてチームはリタイアする決断を下した。

 フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、レース後に取材に応じるのを拒否したが、チームのリリースにはコメントを発表。チャンピオンシップへの挑戦過程でつまづいたにもかかわらず、チームは引き続き懸命に闘っていくと語った。

「以前にも申し上げた通り、我々はこのマシンとドライバー、そしてチームが”ペース”を持っていることを知っている」

「そのため、我々は残りのレースにも大きな努力と共に臨む、強い意志を持っている。最後のグランプリの、最終コーナーまでね」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第16戦日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース