フェラーリ、FIAとF1が提案の新エンジン規格案に反対。F1撤退も示唆

フェラーリは将来のF1パワーユニットの規則の提案に、反対する声明を発表した。そして2020年以降、F1から離れる可能性を示唆した。

 FIAとF1のオーナーであるリバティ・メディアが10月31日(火)に発表した、2021年以降のF1パワーユニットレギュレーションに関する提案。これについてフェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは反対意見を表明し、F1撤退も辞さないと警告した。

 木曜日に行われたフェラーリの最新の財務実績についての電話会議でマルキオンネ会長は、リバティ・メディアらが示した将来のF1の方向性に満足できなかったと語った。さらにマルキオンネ会長は、F1がフェラーリのブランドと市場に有益なプラットフォームを提供することができなかった場合、「それを戦うことはないだろう」と語った。

「リバティはいくつかの意向を持っている。そのうちのひとつは、チームの参戦コストを削減することだ。それはとても良いことだと思う」

 そうマルキオンネは語った。

「しかし、我々には必ずしも同意できないこともいくつかある。そのひとつは、パワートレインに関するものだ。これは、参加者の独自性を生み出すことにはならない。私はこれについて、今後も支持することはない」

「事実、発展に向けての戦略という観点からすれば、奇妙なことになっていると我々は見ている。我々は2021年にこのスポーツがどうなるのかを様々な視点で見て、フェラーリとして決断を下すつもりだ」

「リバティが彼らの見解を生み出す上でこれらのことを考慮に入れているかもしれないということは承知している。しかし、フェラーリの独自性を強化するためにブランドと市場に有益な結果をもたらすという状況を見出すことができなければ、フェラーリが戦うことはないだろう」

 フェラーリとF1は、2020年まで参戦を継続することに合意する契約をすでに取り交わしている。しかし、それ以降についてはまだ合意されていない。

 チームと自動車メーカーは、今週火曜日にF1の首脳陣やFIAと会談を行い、2021年以降のF1パワーユニットレギュレーションについての議論を行った。そして来週の火曜日には、ストラテジーグループによる追加の会議が予定されている。

 その会議でリバティ・メディアは、今後のF1の計画について、その詳細を更に明らかにする予定である。これには予算制限、新しい統治体制、そして競技レベルを引き上げるためのスポーツ及び商業システムの見直しなどが含まれていると見られる。

「私はこのことについて、早まった判断をしたくはない」

 そうマルキオンネ会長は付け加えた。

「来週の火曜日、我々は誠心誠意の姿勢でこの会議に参加する。我々がどこに行くのか、見てみることにしよう」

F1はNASCARではない

 フェラーリがこう言った”脅し”とも取れる発言をするのは、決して初めてではない。しかし、マルキオンネ会長が就任して以降は、撤退を示唆したのは初めてである。そしてマルキオンネ会長は、F1から撤退すれば企業としてのバランスシートを改善することに繋がるため、株主にとっては良いことかもしれないと示唆している。

「利益と損失という面からすれば、完全に有益なことだろう」

 そうマルキオンネ会長は語った。

「私が知っていることは、F1は(フェラーリ)起業以来我々のDNAの一部分であり続けてきたということだ。別々に定義できるようなものではない」

「しかし、例えば砂場を変更し、それが砂場と認識できないようなモノになってしまえば、我々はもうそこでは遊びたくない。私はNASCARを世界中でやりたいとは思わない」

 フェラーリをF1から撤退させることになった場合、その際のトップを務めることになるかもしれないということに関してどう感じるか、尋ねられたマルキオンネ会長は次のように語った。

「とても良い気分だ。なぜなら、それを置き換えるための戦略に取り組んでいるからだ。より合理的な選択肢もある」

懸念はフェラーリだけではない

 提案された2021年からのエンジン規則について、懸念を表明しているのは何もフェラーリだけではない。パワーユニットにおける共通パーツを増やすという点については、特にルノーも批判的である。

 ルノーF1のマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、motorsport.comに対して次のように語った。

「標準化と規範的なレギュレーションは、そのいくつかは良いことに繋がる可能性がある」

「しかし、その詳細には悪魔が潜んでいる。それがエンジンメーカーにとってどんなことを意味するのか、そこには根本的な懸念が生じる」

「我々は40年間F1にいる。特にエンジンマニュファクチャラーとしてだ。そして今回の提案は、疑問符を投げかけるものだった」

「議論したくないと言っているわけではない。しかし我々は、その一連の提案が(そのまま)実現することを受け入れることはできない」

 メルセデスとルノーはまた、新しいパワーユニットを開発するための巨額な予算を賄うのは難しいと語る。このコストを正当化できるかどうか尋ねられたメルセデスのトト・ウルフは、motorsport.comの取材に次のように答えた。

「いくつかの部分は取り組む必要があると思う。特に開発コストに関することと、音に関することだ。他のモノは正当化できない」

 一方、ルノーにとって新パワーユニットの開発費用が高すぎるのかどうかと尋ねられたアビテブールは、次のように語った。

「今のところ他のパラメータをより広く理解する前に、その基本的な質問に答えるのは難しいと言っておこう」

「シャシーの台数が飛躍的に増えたり、FOMとの商取引がはるかに有利になるなら、すべてのことが可能だ」

「しかし、他のパラメータが何も示されない段階で、このような大規模な新規の投資を約束し、既存の投資を却下するのは、非常に難しい」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース