「フェルスタッペンの知名度は随一」とヘルムート・マルコ

史上最年少でF1デビューを果たしたフェルスタッペンは、世界中で絶大な人気を誇っているとマルコ博士は話している。

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の母国であるオランダで、彼は絶大な人気を誇っているが、同チームでモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、フェルスタッペンの名前はさらに広まっており、”ワールドワイド”なものだと話している。

 マルコはF1.comに対し、「最近のF1には影響力のある人がいなかった」と話した。

「昨年F1でレースをしたドライバーたちは、マックスの安全性などに対して不満を言っていた」

「マックスだけじゃなく、ここには理想的な競争力を持った若いドライバーがいる。彼は強くなろうとすることや、成功しようとすることをためらわない」

「ファンの反応も彼を後押ししている。彼はグリッド上で最も人気のあるドライバーだと思うよ。世界規模の人気を誇っている」

「ドライビングに問題は無い」

 ベルギーGPの後、フェラーリのキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルが不満を述べたフェルスタッペンのドライビングをめぐって、自分が議論の的になってしまったことをフェルスタッペンは認識している。

 しかしマルコは、フェルスタッペンのドライビングをあまり大きな問題だとは捉えておらず、フェルスタッペンは必要なことをやっただけだと主張している。

 最近のフェルスタッペンに対する批判については、「何が正しいということはない。マックスは特別だからね」と語った。

「彼には将来ワールドチャンピオンになる素質があるし、チャンピオンになるために必要なことをしているだけだ。オーバーテイクやディフェンスなど、驚くべきものを見せることもあるんだよ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース