フェルスタッペン人気により、オランダでF1公道レース実現か?

F1はオランダGPをカレンダーに戻すための交渉を開始した。そして、大都市での公道レース実現を目指しているという。

 motorsport.comでは、F1の商業面の責任者であるショーン・ブラッチズが最近オランダを訪れ、オランダGPの開催を実現するために何が必要かを理解するために地元の代表者と会談を行ったという情報を掴んでいる。

 オランダでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の活躍により年々F1の人気が高まっている。そのため、F1オーナーであるリバティ・メディアは、同国でのグランプリを復活させたいと考えている。

 オランダGPが復活する際、その開催地はザントフールドになると考えられていた。同サーキットは1985年に最後のオランダGPを開催した場所でもある。しかしブラッチズは、さらに大胆な計画を検討しているようだ。

 ブラッチズの計画、それはオランダの主要都市であるアムステルダムもしくはロッテルダムのいずれかの公道でグランプリを開催しようというモノだ。

 アムステルダムの市街地でF1を開催する場合、それによってもたらされる経済効果と、物流を困難にするという問題点のバランスを取る必要がある。それについてはF1側はよく理解していると言えるだろう。

 一方ロッテルダムでは定期的にF1のデモ走行イベントを開催しており、少なくとも同地でイベントを開催する際に起こるであろう事態は経験済みである。

 ブラッチズがオランダ公道レースをいつから開催しようとしているのか、それは明らかになっていない。しかし、彼が最近訪問したという事実は、この業務を開始することを熱望していることを意味していると考えられる。

 フェルスタッペンが所属するレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、大都市で開催するオランダ公道GPは、驚異的な成功を収めることになるだろうと信じている。

「公道レースは常に楽しい。多くの観衆と、素晴らしい雰囲気をもたらす」

 そうホーナーはmotorsport.comに対して語った。

「今、オランダでのマックスの人気は、国を止めてしまうくらいの大きさになっている。それがどれだけの意味を持つのかは、想像することしかできない。だから、会場とサーキットのレイアウトに関する作業くらい、できないわけがないだろう」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン
記事タイプ 速報ニュース