フェルスタッペン、レッドブルへの昇格は「素晴らしい機会」

マックス・フェルスタッペンは、トロロッソからレッドブルへのシーズン半ばでの移籍は、「素晴らしい機会だ」と述べている。

 フェルスタッペンは、レッドブルがロシアGPでの一件を理由にダニール・クビアトをトロロッソに降格することを決定した後、スペインGPからダニエル・リカルドをコンビを組み、レースを戦うことになる。このレースの参戦準備のため、今週後半にフェルスタッペンはレッドブルのファクトリーを訪れ、シートフィッティング並びにRB12のシミュレーターに臨むという。

 レッドブルから移籍に関する正式な発表がなされた直後、フェルスタッペンは自身のホームページで「僕の比較的短いキャリアの中で、次のステップはこれまでのところ素晴らしい機会だ」と語った。

「僕は、レッドブル・レーシングとヘルムート・マルコ博士の僕に対する信頼について、心から感謝しています。僕は、レッドブルというトップチームから、多くのことを学ぶことができると思う」

「また、ダニエル・リカルドのような経験豊富で実績もあるチームメイトと協力して戦うことを、楽しみにしています」

 またフェルスタッペンは、数シーズンにわたるトロロッソのサポートに感謝するとも述べている。

「スクーデリア・トロロッソのすべてのハードワークには、感謝してもしきれない。ファエンツァのすべてのスタッフ、そしてフランツ・トストのおかげで、僕はこれまでのキャリアで素晴らしい経験することができました。一緒に、素晴らしい時間を過ごせたと思います」

「僕はレッドブル・レーシングと共に、スペインGPにおけるRB12での最初のラップのために、できる限りの準備をしていきます。その特別な習慣を、僕は待ちきれない」

 一方、トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、クビアトの復帰について「我々はダニールをファエンツァに心から歓迎する。そして、彼と共に素晴らしいシーズンにすることを楽しみにしている」と語っている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル , トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース