フェルスタッペン、午前中のタイムで総合トップ:バルセロナ合同テスト2日目

バルセロナ合同テスト2日目が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。

 今季最初のインシーズンテストとなるバルセロナ合同テストの2日目、総合トップタイムは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが午前中に記録した1分23秒267となった。

 午前中にはミディアムタイヤとソフトタイヤを使って空力とアップデート版のルノー製パワーユニットの評価を行ったフェルスタッペン。彼は午後もパワーユニットの評価を続け、モナコGPに投入すべきかどうかを判断するため、走行距離を稼いだ。

 マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンが2番手。バンドーンは、パフォーマンスを上げると期待される新パーツの評価を行うため、ロングランを実施した。

 新パーツテストのため、急遽パスカル・ウェーレインにドライバーが変わったメルセデスはが3番手。彼も、午前中早い時間帯に行った予選シミュレーションで記録したタイムが、この日のベストタイムになった。

 4番手となったのはハースのエスティバン・グティエレス。グティエレスは午前中、ミディアムタイヤを履いて空力のテストの終始したが、午後にはショートランに切り替えた。まずはスーパーソフトタイヤで走行を開始し、その後ウルトラソフトタイヤを履いたが、午前中のタイムを大幅には更新するには至らなかった。

 フェラーリはアントニオ・フォコを走らせ、午後にはソフトタイヤでのアタックラップを行った。

 トロロッソのダニール・クビアトは、午後レースシミュレーション中に赤旗の原因になった。クビアトは午前中に記録したタイムで全体の6番手となっている。

 その他、フォースインディアはアルフォンソ・セリス、マノーはジョーダン・キングと、それぞれテストドライバーを走らせた。ケビン・マグヌッセンを走らせたルノーも、レッドブル同様新パワーユニットの評価を行っている。

バルセロナ合同テスト2日目

Pos. Driver Team Time Gap Laps
1  Max Verstappen  Red Bull  1:23.267    118
2  Stoffel Vandoorne  McLaren  1:24.006  +0.739  108
3  Pascal Wehrlein  Mercedes  1:24.145  +0.878  133
4  Esteban Gutierrez  Haas  1:24.592  +1.325  105
5  Antonio Fuoco  Ferrari  1:24.720  +1.453  118
6  Daniil Kvyat  Toro Rosso  1:24.737  +1.470  116
7  Alfonso Celis  Force India  1:25.016  +1.749  103
8  Kevin Magnussen  Renault  1:25.133  +1.866  122
9  Felipe Massa  Williams  1:27.167  +3.900  94
10  Jordan King  Manor  1:27.615  +4.348  91

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナ5月合同テスト
サーキット サーキット・デ・カタルニア
記事タイプ テストレポート