フェルスタッペン「3日間眠れなかった」

レッドブルに昇格することが決まったマックス・フェルスタッペンは、スペインGPでダニール・クビアトと交代することが確認された後、3日間眠れなかったと語る。

 フェルスタッペンは、中国GPで表彰台を確保したクビアトに代わったとしても、チームの期待に応えることができると主張している。

「正直に言うと、3日間眠れなかったと思う」とフェルスタッペン。「そのチームに行くことは、非常に刺激的だからね。だって、トップチームだし、表彰台に近づくまたとないチャンスだから」

「ファクトリーに行った時、僕は止まることができなかった。シミュレータにたくさん乗り、チームとできる限りたくさんの時間を過ごした」

 フェルスタッペンは、レッドブルから放出されたクビアトのペースを心配しているかと問われると、次のように答えた。

「アクセルを踏み込むことに、何の心配もないよ。僕がしなきゃいけないのは、それだけだから」

「もしそれができなければ、去っていくだけだ。だから、僕らはすべきことをしっかりと確認しておく必要がある」

「プレッシャーは特には変わらないよ。常に最善を尽くすだけだ。競争力が少し劣るクルマか、ある以下少し良いか、それでは変わらない」

何かが起こりつつあることを、認識していた

 フェルスタッペンにロシアGP後の日々、そしてどのように昇格が決まったのかを訊いた。

「レースは、レッドブルが思った通りには行かなかった。そしてそこから、ヘルムート・マルコは歩き廻り、そして幾つかの”談話”を感じただろう」と彼は言う。「そして、ゆっくりとそれは動いていった」

「僕らは、それ近づいているのを、少し感じたんだ。僕らはオーストリアに行って、もちろんヘルムート・マルコと話をした。そしてとても迅速に交渉が行われたんだ」

 フェルスタッペンは、今回の移籍がシンプルではないことを認めている。そして、レッドブルのオペレーションに合わせ、そして新しいマシンをしっかり学習しようをしている。

「どんなクルマでも、最善を尽くしたい」と彼は言う。「素晴らしいチームメイトを持っている。もちろん、彼はとても速いことを証明している」

「僕は可能な限り多くを学ぶつもりだ。シーズン中にマシンが変わることは、簡単ではないからね。でも、僕の周りにはたくさんのエンジニアがいて、僕を助けてくれる。うまくいけば、2レースの間に良い結果を出せるだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース