フェルナンド・アロンソ、マクラーレンへの残留を決断

フェルナンド・アロンソが、マクラーレンとの契約を延長したことが、10月19日(木)に発表された。

 フェルナンド・アロンソは、今季限りでマクラーレンとの3年契約が切れることになっていた。とはいえ、アロンソは来季以降もマクラーレンに留まると考えられていたが、今季厳しいシーズンを送っていたために、彼の将来に対する憶測が何カ月にもわたって囁かれていた。実際、今季のアロンソはここまで8ポイントの獲得にとどまっており、ランキングも16位である。

 マクラーレンはこの成績の結果、ホンダとの契約を今年限りで破棄。来季はルノー製パワーユニットを搭載することになった。このパワーユニットの変更は、アロンソ残留のキーポイントになるとみなされていた。

 そして木曜日、アロンソが来季もマクラーレンに残ることが発表された。契約期間については明らかにされていないものの、長期契約であることが示唆されている。

「マクラーレンのみんなと関係を継続できるということは、素晴らしいことだ」

 そうアロンソは語った。

「僕の心の中で、常に留まるようにと言っている場所だった。そして僕は本当に、ここで家にいるような感じを受けるんだ。他のF1チームでは経験したことのない、暖かさと親しみやすさを備えた、素晴らしいチームなんだ。僕はここでレースを続けられることになって、とても嬉しい」

「同じように重要なのは、マクラーレンはできるだけ早くレースやチャンピオンシップで勝つための、技術面でのリソースや財政力を持っているということだ。ここ数年は簡単にはいかない年だったが、勝つということを決して忘れない。そして、それをすぐに達成できるはずだと思っている」

「過去3年間は我々の計画と将来の構築に対して勢いをもたらした。そして、僕はこの旅路を楽しみにしている」

「僕は共に過ごす未来に興奮している。僕はすでに、それを成功させるために懸命に働いている」

 マクラーレンのエクゼクティブ・ディレクターであるザク・ブラウンは、「フェルナンドがマクラーレンに残ることを確認でき、嬉しく思っている」と語った。

「彼は過去3年にわたって、この組織全体にとって素晴らしい財産だった。彼は信じられないような人であり、現在の最も成熟した才能あるレーシングドライバーのひとりだ」

「彼と共にこの旅路を続けていくのは、いつも我々にとって意味のあるものだ」

「彼の存在はマクラーレン・グループのより幅広い魅力と可能性を向上させる。そして、意味のある一歩を踏み出せるというという自信を持って2018年に向かうことができる。フェルナンドは我々が進むべき方向を完全に理解し、そして賛同している」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース