フォースインディア、チームメイトバトル解禁はまだ”検討中”

ペレスはコンストラクターズランキング4位を確保した今、チームメイト同士のバトル再開を求めるが、チームはまだ検討中としている。

 フォースインディアは、ベルギーGPでの”同士討ち”以来、セルジオ・ペレスとエステバン・オコンがチームメイト同士で争うことを禁止している。しかし、同チームのCOOであるオットマー・サフナウアーは、チームのコンストラクターズランキング4位が確定すれば、再び戦うことを許すことを検討すると示唆していた。

 ペレスは、ブラジルとアブダビで自由にレースするためには、信頼を回復することが重要だと考えている。

「彼らは、コンストラクターズランキング4位を確保すれば、僕らに再びレースをさせてくれると話した」

 現状について尋ねられたペレスは、motorsport.comに対してそう語った。

「それには、僕とエステバンが信頼感を示し、互いに良いレースができることを証明することが重要であると思う」

 これについてサフナウアーは、ブラジルGPを前に決断が下される予定だと語っていた。しかし、ランキング4位を確保しただけでは、ふたりに自由にレースをさせるには十分ではないという。

「我々は社内で議論しなければならない」

 そう彼は語った。

「我々は決定を下すのに数週間を要している。彼らが自由に戦えた方が、ファンにとっては良いことであるのは分かっている。しかし同時に、マシンのパーツは安価ではないのだ」

「互いに接触してしまえば、最後のレースに向けて投資を重ねなければならないかもしれない。しかも、アブダビの後にはテストも控えている」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー エステバン オコン , セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース