フォースインディア、ヒュルケンベルグのペナルティは”不十分”だと不満

フォースインディアは、ヒュルケンベルグに科された5秒ペナルティは不十分だったと不満を述べている。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、シケインをカットした際にアドバンテージを得たと判断され5秒のタイム加算ペナルティを科されたが、それは十分なペナルティではなかったとフォースインディアは主張した。

 決勝レースのオープニングラップでセルジオ・ペレス(フォースインディア)をパスしたヒュルケンベルグは、ターン11~13にかけてのシケインでコースオフしてしまい、5秒にタイム加算ペナルティを科された。

 しかしヒュルケンベルグにはペレスに対するギャップを築くための十分な余裕があり、彼はペナルティを消化した後もペレスの前を走り続け6位でフィニッシュ。チームはコンストラクターズ選手権でトロロッソを逆転し、ランキング6位を獲得した。

 一方のペレスは、ヒュルケンベルグは即座にポジションを戻すべきだと何度も無線で訴えており、フォースインディアもペナルティは十分に厳しいものではなかったと考えていることを認めた。

「ヒュルケンベルグはポジションを戻すべきだった。(その後レース中に)彼が(ロマン)グロージャンに対してポジションを戻したようにね」とフォースインディアのCOOであるオットマー・サフナウアーは語った。

「これほど一貫性のないペナルティを科すなんて、F1を笑いものにしているようだ」

「彼ら(ルノー)は最初にウルトラソフトを履いていたので、我々よりも速かったというのはわかっている。だから彼らの前に出て、そこにとどまる必要があった」

「ヒュルケンベルグはコーナーをカットしたが、FIAはそれについていかなることもしなかった。いいかい? 彼らはコンストラクターズランキングで逆転した。つまりこれは、より多くの賞金と競争力を得るということだ」

「私には(スチュワードが)何を考えているのかわからない。混乱している時に物事を理解するのはとても難しい。しかしこの一貫性のなさは良いものではない」

 しかしルノーはこのペナルティが十分なものであったと考えており、ヒュルケンベルグはむしろ、コースオフを強いられたと考えている。

 レース後、ヒュルケンベルグはTVの取材に対し「僕の位置からは、彼(ペレス)はロックアップしていてワイドに走行していたのが見えた」と語った。

「僕はブレーキを踏んでコーナーを曲がろうとした。だけど彼がワイドに走っていたので、僕には行き場がなかった」

「速度を落として彼の後ろに戻ることができたと言うのは簡単なことではない。僕の意見では、自分はどこにも行くところがなかったし、それはまた他の人をトラックから押し出すということでもあった」

「あの状況では、5秒ペナルティはフェアでありそれ相応のものだ」

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、ルノーはギャップを築くためのことをやっていたので、ペナルティによって失ったものはなかったと語った。ただペレスは、スチュワードの選択が間違っていたと考えている。

「少しおかしなペナルティだった」とペレスはNBCに話した。

「僕は彼の前にいたのに、彼はトラックを外れてアドバンテージを得た」

「あのペナルティは良くなかった。彼はポジションを戻すべきだった」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第20戦アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム フォースインディア , ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース