フォースインディア、ヒュルケンベルグの放出を発表。ルノー移籍が決定的に

フォースインディアは、今季限りでヒュルケンベルグがチームを離脱することを認めた。

 フォースインディアは、声明を発表し、ニコ・ヒュルケンベルグのチーム離脱を認めた。

 ヒュルケンベルグは当初、2017年はフォースインディアに残留することに同意していたものの、彼は契約を破棄し、ルノーに移籍することを選択したようだ。今週はじめには、ヒュルケンベルグの来季移籍契約が決定間近だと報じられていた。

 ルノーは未だ、ヒュルケンベルグの加入について公式発表を行っていないものの、フォースインディアは、彼の離脱について声明を発表している。

「サハラ・フォースインディアの全員が、ニコがうまくいくように願っている」とフォースインディアは声明で述べた。

「我々は5年間ともに過ごした。ニコは素晴らしい友であり、チームの成功に多大な貢献をしてくれた。彼は傑出したドライバーであり、このチームで誰よりも多くのポイントを獲得している」

「ニコがいないと寂しくなるのは確かだが、我々は彼が新鮮なチャレンジを求めるという決断を下したことをリスペクトしているし、彼を邪魔するのは、間違ったことだろう」

関連

ルノー移籍決定間近と見られるヒュルケンベルグ。チームは移籍の動きを否定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム フォースインディア , ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース