フォースインディア「ペレスとオコンの確保」に全力を尽くす

フォースインディアの副チーム代表であるボブ・ファーンリーは、来季もペレスとオコンのふたりを契約し続けると確信している。

 セルジオ・ペレスは、今季末でフォースインディアとの契約が切れることになっている。ペレスと彼の支持者は他の選択肢を探していると言われるが、フォースインディアの副代表であるボブ・ファーンリーは、最終的にはチームにとどまることになるだろうと考えている。

 ある情報筋によれば、メルセデスはエステバン・オコンがルノーに移籍することを望んでいるという。そしてパスカル・ウェーレインのためにフォースインディアのシートを確保したいと思っているようだ。

 フランス人のオコンは、当時はまだロータスと名乗っていた現在のルノーと契約。彼の国籍は、ルノーがドライバーとして迎えるには最適な選択肢であると言える。

 しかしファーンリーは、オコンはフォースインディアと、今後に向けても継続可能な契約を結んでいると断言する。

「我々は現在のドライバーラインアップを維持するために、すべてを尽くしている」

 ファーンリーはそうmotorsport.comに対して語った。

「トップ3チームと同じように、我々は非常に才能豊かなドライバーを抱えており、そういう意味では非常に幸運なポジションにいる。そして、2018年にランキング4位またはそれ以上をかけて戦う上で、彼らを必要としている」

「だから我々が最も避けたいことは、才能を失うことだ」

 オコンはここまでの12戦中、11戦で入賞するという堅実な走りを見せている。その彼には、他チームからの注目も集まっていると、ファーンリーは認める。

「マックス・フェルスタッペンも非常に興深い。しかし、それには理由がある。彼らはふたりとも、非常に才能のあるドライバーなんだ。でもエステバンとは、3年間の契約がある。そしてそのうち2年間は、完全に約束された契約だ」

「契約上の観点でいえば、それは明確なことだ。そして彼が現時点で、どこか他のチームに行きたいと考えているとは、私は思わない」

「エステバンを確保するチャンスは、これまでにも何度かあったということを忘れてはならない。ルノーを含む他のチームが動かなかったのに、我々は彼とサインするというチャンスを、昨年しっかりと活かしたんだ」

「それにより、我々は今恩恵を受けている」

 ファーンリーは、ペレスについては次のように語った。

「契約のないドライバーには、常に選択肢がある。しかし我々は、チェコもここにいることに満足していると思う。そして彼に対し、最も競争力のあるシートをオファーしている」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー エステバン オコン , セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース