フォースインディア「ルノー/マクラーレンは"重要"なライバルに」

フォースインディアは、2018年シーズンのルノーとマクラーレンはチームにとって脅威的な存在になると警戒している。

 フォースインディアの副チーム代表であるボブ・ファーンリーは、2018年シーズンのルノーとマクラーレンはチームにとって脅威的な存在になると期待している。

 フォースインディアはコンストラクターズランキングで2年連続4位となり、2017年は5位のウイリアムズに対して104ポイント差をつけた。

 しかしファーンリーは、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが2017年最終戦アブダビGPでフォースインディアのドライバーたちよりも上位でフィニッシュし、コンストラクターズランキング8位から6位に浮上したため、ルノーは向上できていると認識している。

 さらにマクラーレンも2018年よりそのルノーエンジンを搭載する契約を交わし、フォースインディアよりも予算規模が大きいため、フォースインディアにとって"重要な"ライバルとなるとファーンリーは考えている。

「ルノーとマクラーレンは我々から非常に近いところにいるように見える。我々は冬の開発に集中するつもりだ」とファーンリーは語る。

「彼らは我々のチームにとって重要な脅威的存在となるだろう。それらを受け立つ自信が持てるよう、作業に打ち込む必要がある」

「3チームの差はそう大きくないと考えられるため、大接戦となるのではないかと予想している」

 これまでルノーは1.5億ポンド(約232.7億円)、マクラーレンは1.85億ポンド(287.4億円)の予算でF1に参戦していたのに対し、フォースインディアが持つ予算はF1参戦チームの中でも比較的に低い9000万ポンド(約139.6億円)であるとみられている。

「自分たちよりも大きな予算を持つチームと競争するのは常に困難なことだ。しかし、それでも我々は2年連続で年間4位となったため、予算がその3分の1であっても彼らに勝てないことの言い訳にはならない」とファーンリーは語った。

 昨年のフォースインディアは安定したシーズンスタートを切り、中団チームからひとつ抜きん出て、上位3チームの背後に位置していた。

 マクラーレンとルノーの勢いが増す中、2018年シーズンへのアプローチを変更するかどうか訊くとファーンリーは次のように語った。

「そうはしないだろう。昨シーズンの始まりを振り返ると、我々の下にはライバルとなるマシンがいなかった。だから我々はより良いレース戦略や信頼性の向上、そして良いドライビングを心がけなければならなかった」

「2018年もそれを維持しなければならないが、それに加えて、うまくいけば(ルノーやマクラーレンがライバルとなって)我々もタイムを上げるための適切な行動がとれるだろう」

「まだ上位3チームとの差があるだろうが、4番手を3チームで争うことになるだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム フォースインディア , マクラーレン , ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース