フォースインディア、次戦アップデート投入。最新版PUも使用可能に

シェア
コメント
フォースインディア、次戦アップデート投入。最新版PUも使用可能に
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2017/09/26 8:03

フォースインディアは、次戦マレーシアGPで空力とパワーユニットのアップグレードを投入することを明かした。

Esteban Ocon, Sahara Force India F1 VJM10
Sahara Force India VJM10 in the garage
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-17 and Esteban Ocon, Sahara Force India VJM10 pit
Esteban Ocon, Sahara Force India F1 VJM10
Esteban Ocon, Sahara Force India F1 VJM10
Sergio Perez, Sahara Force India F1 VJM10
Sergio Perez, Sahara Force India F1 VJM10

 フォースインディアのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、次戦マレーシアGPでアップグレードを投入すると明かした。これによりメルセデスの最新版パワーユニットを使えるようになるという。

 フォースインディアは、今シーズンの残りのレースでさらなるポイント獲得を期待していると明かしており、来年のマシン開発に着手しているものの、今年のマシン開発が後退している様子はない。

 テクニカルディレクターであるグリーンは、今週末のマレーシアGPに向けて新しい空力パーツを用意しており、シンガポールで投入したアップグレードパッケージからもっとポテンシャルを引き出せるという望みがあると語った。

「マレーシアに向けて、再度いくつか新しいものを投入することになるだろう」

「ボディワーク周辺のエアロの微調整もあるだろう。まだやることはたくさんある。すべて来年に関係していることなので、我々は懸命な作業を続けなければならない」

「シンガポールに持ち込んだものはかなり新しいものだったので、もっと改善されると思う。予選で自分たちの力を示したし、スイートスポットが見つかるわけではないけど、これについてはもっとやることがある」

「マシンを変えることはないが、少し作業が必要だ。だが得るものは増えるだろう。我々の目標は、シーズンが終わるまで毎戦2台のマシンがポイントを獲得することだ」

 またフォースインディアはシャシーの改善を行うだけでなく、4基目のパワーユニットを投入することになるが、その4基目というのは最新版のメルセデス製パワーユニットだという。

 メルセデスはパワーユニットの信頼性を完璧なものにするため、最新版のパワーユニットをカスタマーチームへ供給することを控えていた。そのためフォースインディアは、パワーが重要なベルギーGPやイタリアGPでこのパワーユニットを使用できなかったことにがっかりしていた。

 フォースインディアは2台とも新しいパワーユニットを搭載するのかと尋ねると、チームのCOOであるオットマー・サフナウアーはこう話した。

「それを計画している。彼ら(メルセデス)の気が変わらない限り……の話だが」

 現在コンストラクターズランキングで4位につけているフォースインディアは、同じメルセデス製パワーユニットを使用する5位のウイリアムズに65ポイントの差をつけている。

【関連ニュース】

次の F1 ニュース
マッサ、来年の選択肢は”ウイリアムズ残留”か”F1引退”の二択だと語る

前の記事

マッサ、来年の選択肢は”ウイリアムズ残留”か”F1引退”の二択だと語る

次の記事

ガスリー、クビアトを置き換え今週末のマレーシアGP参戦か?

ガスリー、クビアトを置き換え今週末のマレーシアGP参戦か?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム フォースインディア
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース