"元FIA技術代表引抜き問題"で批難も「F1で友人はいらない」とルノー

ルノーのアビデブールはマルチン・ブコウスキーとの契約で批判を浴びる中、「ルノーはF1で"友人を作る"つもりはない」と述べた。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、元FIA技術代表であるマルチン・ブコウスキーとの契約で他のF1チームから批判を浴びる中、「ルノーはF1で"友人を作る"つもりはない」と述べた。

 マレーシアGPのレースウィークで、FIA在籍時に全F1チームの技術情報へアクセスできる特権を持っていたブコウスキーがルノーに引き抜かれるという噂がパドックに出回った。ルノーに技術情報が漏洩することを懸念する他のF1チームは、その契約交渉に対して批難し続けている。

 現時点でブコウスキーがルノーと契約を交わしたかどうかは確認出来ていない。しかしアビテブールは今後数年間で世界チャンピオンになるために、他チームからの批判を受けてもチームが求める人材を獲得するという意向を示している。

「我々は2020年までにトップチームとなりたいのだ」とアビデブールは『Sky』に語った。

「今は遠い目標だが、何をすべきなのかを理解している。中団チームとトップチームの間には1.5秒のギャップがあるため、それが1秒縮まれば大きな飛躍となる」

「2020年までに勝利するべく、積極的に行動する必要がある」

 さらにアビテブールは次のように続けた。

「F1の中で友人を作るつもりはない。今のやり方を貫くし、採用についてもそうだ。それがマルチンでなかったとしてもだ。我々は成長しなければならない。特にエンストン(チームの本拠地)にだ」

「初めは475人のスタッフがいたが、今では620人に増員された。彼らがどこから来たということや、今後も他のチームから人材を引き抜いていかなければならないということを秘密裏にするつもりはない」

 ブコウスキーとの契約で一悶着のあるルノー。しかしアビテブールは、ルノーがルールに違反したり、チームの知的財産権を侵害するような行為を行うことはないと主張した。

「ルノーはこれまで極めて公正で忠実な実績を残してきた」

「何をするにしても我々は忠実であり、ライバルたちにとって公正なやり方に則るつもりだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース