ブーリエ「2017年のF1マシンはファンに好かれる」と期待

シェア
コメント
ブーリエ「2017年のF1マシンはファンに好かれる」と期待
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2016/06/30 6:59

マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、速くなる2017年のF1マシンを、ファンはすぐに好きになるだろうと語った。

Eric Boullier, McLaren Racing Director
Proposed 2017 F1 design
2017 aero regulations, 3/4 view
2017 aero regulations, top view
Pirelli reveal a mock up of what a 2017 F1 car and tyres may look like
Pirelli reveal a mock up of what a 2017 F1 car and tyres may look like: Mario Isola, Pirelli Racing Manager with Gene Haas, Haas Automotion President and Maurizio Arrivabene, Ferrari Team Principal

 F1チームは、よりワイドになり、エアロダイナミクスが改善され、現行のものより幅の広いタイヤを使うことを規定したテクニカルレギュレーションの改訂に合意している。この変更により、来季のF1マシンのラップタイムは5秒速くなるだけでなく、ドライブがより難しくなることが期待されている。

 ブーリエは、ドライバーに与えられたこの変更は喜ばしいものであり、ここから得られるポジティブなフィードバックによって全ての人が新しいマシンを支持するだろうと考えている。

「ドライバーはマシンをドライブするのがもっと楽しくなるだろうし、これは良いステップだ」と、ブーリエはMotorsport.comに話した。

「私は10年前のことを覚えている。当時GP2でレースをしていたドライバーがF1に行った時、『すごい!』と口々に語っていたものだ」

「とても待ち遠しいね。もっとダウンフォースとグリップとコーナリングスピードを得て、マシンのドライブを難しくする必要があると思う」

「ドライバーはこれを楽しめるはずだし、ドライバーが楽しめばファンも楽しくなるはずだ」

 ファンの人たちが1周のラップタイムが数秒速くなったことに気がつくのは難しいのではないか、という反応に対してブーリエは賛成の意見を示した。

「スピードの違いはわからないだろう。だけど、ドライバーが楽しんでいて、もっとアタックできるようになれば、それはもっと多くのホイール・トゥ・ホイールのレースができるようになるし、ファンもレースを楽しめるよ」

次の F1 ニュース
リカルド「今季中に最低でも1回は勝てるはず」

前の記事

リカルド「今季中に最低でも1回は勝てるはず」

次の記事

ルノー、日本GPに向けパワーユニットのアップグレードを計画

ルノー、日本GPに向けパワーユニットのアップグレードを計画
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ インタビュー