ベッテルを責めるフェルスタッペン親子「彼はペナルティを受けるべき」

フェルスタッペン親子は、シンガポールGPスタート直後に発生した多重クラッシュについて、セバスチャン・ベッテルを非難している。

 シンガポールGPスタート直後に発生した多重クラッシュは、レース後にFIAのスチュワードによって審議が行われ、ドライバーにペナルティが下ることはなかったが、まだその火種は燻っている。

 ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、チームメイトのキミ・ライコネンとマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、そしてフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)と共にリタイアすることになったクラッシュについて、どうして起こったのかわからないと語った。

 一方で、フェルスタッペンはアクシデントの原因はベッテルにあると非難を続けている。ポールのベッテルはスタートが悪かったため、ポジションを守ろうとフェルスタッペンの方にマシンを寄せてきたことが、クラッシュの原因になったとフェルスタッペンは主張している。

 スチュワードの部屋でベッテルは過ちを認め、謝罪をしたのかと聞かれると、フェルスタッペンは「いいや、していない」と答えた。

「彼はこんなようなことを言ったんだ。”後から考えれば、違う行動ができたかもしれない”ってね。でも、起きたことは起きたことだ」

 フェルスタッペンは、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)に対してならまだしも、ベッテルがポジションを守るためにかなり攻撃的な動きを見せたたことに驚いたようだ。

「ベッテルはチャンピオンシップを争っていて、ハミルトンが5番手からスタートするのを知っているんだから、そんなに大きなリスクを負う必要がない」

「もしこれが彼とハミルトンの争いだったなら、全く別の話だ。でも彼(ベッテル)から見れば、どうしてこんなことが起きたのかわからないだろうね」

 フェラーリは、クラッシュの直後にフェルスタッペンを非難するようなツイートをしていた。しかしスチュワードの裁定が下る前、マックスの父ヨス・フェルスタッペンは「息子に非は全くない」と語っている。

「(クラッシュの)画像を見れば、ライコネンが右にステアリングを切っているのがわかる」とヨスは述べた。

「しかし、映像を見るとより明らかなのは、ベッテルが左に寄ってきていることだ。マックスはその間に挟まれたのだ」

「彼は左に行くことも、右に行くこともできなかった。どこを取っても、マックスを責めるのは難しいだろう」

 ヨスはまた、衝突を引き起こしたとしてベッテルがペナルティを受けるべきだと主張した。

「彼はそれ(ペナルティ)に値する。私は本当にそう思っている」

「しかし、彼はすでに警告を受けているので、あまりにも早くペナルティが科されないことが決定された」

「もし彼が今ペナルティを受けると、スチュワードは彼を1戦の参戦停止にする必要があったのだと思う。だから、この件は新たな”政治的ゲーム”ではなく、レーシングインシデントだと判断されたんだ。だが、私はそれがフェアだとは思わない」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー マックス フェルスタッペン , セバスチャン ベッテル
記事タイプ 速報ニュース