ベッテル、ギヤボックス交換により5グリッド降格

セバスチャン・ベッテルはギヤボックス交換により、ロシアGPで5グリッド降格のペナルティを受けることになった。

 金曜日午後のセッションで2番手タイムを記録したにもかかわらず、ベッテルは電気系のトラブルに類似した、マシンがシャットダウンモードに入ってしまうスイッチに関する問題により、マシンをメインストレート上に止めた。

 今季初優勝を狙ってロシア入りしたベッテルだが、ギヤボックス交換を行う必要があるという。これは、彼がソチで5グリッド降格ペナルティを受けることを意味する。

 フェラーリはこのギヤボックス交換について、中国GPでキミ・ライコネンと衝突した際にダメージを負った疑いがあり、その影響であることを明らかにした。

 フェラーリは監視しつつ、金曜日のフリー走行を通じてそのギヤボックスを使用した。しかし、レースにおいてのリスクを避けるため、夜になってからギヤボックス交換の判断をした。

 ルイス・ハミルトンも新しいギヤボックスを投入しているが、彼は上海でこれを導入しすでにペナルティを消化しているため、ペナルティ無しにそのユニットを使用することができる。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
ドライバー セバスチャン ベッテル
記事タイプ 速報ニュース