ベッテル「チームのアプローチは間違ってない。変える必要もない」

ベッテルは、フェラーリのアプローチは間違っておらず、レースに勝つためにやり方を変える必要はないと考えている。

ベッテル「チームのアプローチは間違ってない。変える必要もない」
Sebastian Vettel, Ferrari with Britta Roeske, Ferrari Press Officer
Sebastian Vettel, Ferrari
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H, Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Sebastian Vettel, Ferrari with the media

 イタリアGP以来、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はポディウムに上がれておらず、チームメイトのキミ・ライコネン(フェラーリ)もオーストリアGPを最後に表彰台を獲得できていない。

 しかしベッテルは、フェラーリに欠けているものはなく、レースに勝てるポテンシャルさえ持ち合わせていると考えている。

 ベッテルは、「僕たちがやらなければいけないことは、今僕たちがやっていることだけだと思う」と木曜日にメキシコで話した。

「僕たちに何かが欠けているとは思わない」

「オースティンでは、思っていたほどコンペティティブではなかった。でも日本GPでは、もしペナルティがなければ、2台とも表彰台を獲得できるポテンシャルがあった」

「直近の10レースでは、アップダウンが激しかったと思う。でも何かを変える必要はない」

「僕たちにはそれなりのマシンがあることは明らかだ」

「理想的な週末を迎えるわけじゃないことは分かっている。だけど、勝負をするためにここにいるし、表彰台を争ったりレースに勝つチャンスは常にある」

 今シーズンはまだ勝利を挙げられていないベッテルだが、フェラーリは昨年のレースでも良いペースを示せており、今週末も楽しむことができるだろうと考えている。

「ここは、全員があまり経験のないサーキットだ。ペースを見れば、昨年の僕らはとてもよかった」

「去年はクラッシュしたから、僕のレースは最悪だった。でもレースペースとスピードはあった」

【関連ニュース】

ベッテル、アリバベーネとの政治的駆け引きを否定

ベッテル「契約問題よりも、マシン開発に集中してほしい」

 

シェア
コメント
メルセデス「2017年の戦いは既に始まっている」

前の記事

メルセデス「2017年の戦いは既に始まっている」

次の記事

リカルド「ランオフエリアの拡大が、F1をダメにしている」

リカルド「ランオフエリアの拡大が、F1をダメにしている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
ロケーション アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
執筆者 Pablo Elizalde