ベッテル「パラボリカではタイムロスをした」

シェア
コメント
ベッテル「パラボリカではタイムロスをした」
Pablo Elizalde
執筆: Pablo Elizalde
2016/09/03 22:26

セバスチャン・ベッテルは、パラボリカでコースオフしてタイムを短縮したという見解を否定している。

Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Qualifying top three in parc ferme (L to R): second place Nico Rosberg, Mercedes AMG F1; Pole Position Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1; third place Sebastian Vettel, Ferrari
Sebastian Vettel, Ferrari in parc ferme

 イタリアGPの予選Q3で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、パラボリカ(最終コーナー)でマシンの四輪全てがコーナーからはみ出してしまった。これによってタイムを縮め、予選でチームメイトのキミ・ライコネンの前に出た。

 ベッテルは明日の決勝を3番手からスタートし、ライコネンは4番手からスタートする。

 しかしベッテルは、パラボリカでのゲインはなく、むしろタイムロスをしたと主張している。

「全輪がはみ出してしまったけど、問題はなかったと思う。それどころか、タイムロスになってしまった」

「でもQ2のラップと比べてかなりいいタイムだったし、最終コーナーでは全体的にうまくやれたと思う」

 またベッテルは、ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)から1秒近く離されてしまった結果にチームが満足していないと認めた。

「僕たちはハッピーじゃない。昨年よりも離されてしまった。でもメルセデスが僕たちより速かったことには驚いてない」

「レースに関しては、すべてのレースで彼ら(メルセデス)が同じエンジンを使えるわけじゃない。そのことは多少証明されているし、僕たちには、十分な速さがなかった」

「マシンとエンジンのコンビネーションを考えても、僕たちはその両方でかなり遅れをとっている。メルセデスに追いつくかどうかは僕たち次第だけど、ご存知のように、それは簡単なことじゃない」

「もし彼らに追いつく方法を知ってたら、書類にサインしてチームに入ってね」

次の F1 ニュース
ロン・デニス、バトンは「引退ではない」2018年のカムバックを示唆

前の記事

ロン・デニス、バトンは「引退ではない」2018年のカムバックを示唆

次の記事

ウルフ「ドライバーの世代交代を目の当たりにしている」

ウルフ「ドライバーの世代交代を目の当たりにしている」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ロケーション Autodromo Nazionale Monza
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Pablo Elizalde
記事タイプ 速報ニュース