ベッテル、ライコネンとの”フェアなレース”を主張。オーダー発動もなし

ベッテルは、ライコネンとはフェアに、そして全力でレースをしており、チームオーダーの発動はないと語った。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、チームメイトのキミ・ライコネンとはチームのためにフェアにレースをしており、今後もチームオーダーを発動することはないだろうと話した。

 今年は、フェラーリの戦略がベッテルに有利なものであるように見えたケースがあった。例えばハンガリーGPでは、ベッテルはステアリングに問題を抱えライコネンよりもペースが遅かったにもかかわらず、彼の前を走り続けた。

 ベッテルは、ライコネンが自分に対してハードにプッシュしてこなかったことについて驚いていたという。

「あの時の状況には少し驚いた」とベッテルは語った。

「他の人たちのことは知らないけど、キミと僕自身は1年を通してお互いにレースをしてきたと考えている」

「ハンガリーGPの後、彼が僕を援護しているという話を聞いたし読んだりもした。その話を彼にすれば、彼はきちんとそれを明確にしてくれると思う」

「彼が何かをし忘れていたのだとは思わない。もし僕をパスするチャンスがあったのならそうしたと思うし、十分にフェアだった。反対の状況になることだってあるだろう」

「当然僕たちはチームのためにレースをしているし、ふたりともベストを尽くそうとしている」

「他のチームが何をしているのかは知らないけど、僕たちは全力でやっている。どうなるか見てみよう。たいていの場合は別の状況について話したりするものだけど、状況は常に(話し合いの段階とは)違うものになる」

 またレースでの優勝よりもポイントのことを心配していたのかと尋ねると、ベッテルは、スパでは先頭を走っていたルイス・ハミルトン(メルセデス)をパスしようとしていたと主張した。

「勝つためのレースをするのだと考えているし、それが最優先事項だ。だから僕はバトルをしていた。レースを通して彼とバトルをしていたと思う。おそらくホイール・トゥ・ホイールにはなっていなかったけど、とても接近していて、緊張したドライビングだったと思う」

 さらにベッテルは、彼とフェラーリはベルギーGPでのハミルトンとのバトルから学んだことがあったという。

「スパで学んだことがいくつかある。それに僕たちはチームとしても学ぶことができた。もちろんドライバーとしてもそうだ。多分今後は僕のやることが少し変わるだろう」

「僕たちがスパで示したものが真実だ。あのレースでは特にスピードが重要だったし、数週間前の似たようなタイプのトラックでもそうだった。だけどそれは問題じゃない。とてもポジティブだ」

「スムーズに週末を過ごすことができた。でもまだあらゆる面で改善できることがあるとは思うけど、先週のパフォーマンスにはとてもとても満足だ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース